ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

道の駅の数ランキング全国2位の岐阜!オススメ道の駅まとめ

昔は各家でそばを作っては、主婦がそばを打ったものです。現代ではそういった食文化もなくなりつつありますが、ここ恵那市では平成5年から転作田を利用して大規模なそば作りがスタートしました。毎朝スタッフが3時間かけて打つ手打ちそばは絶品ですよ!(駅長・藤井さんにインタビュー)

●天ざるそば 1180円らっせぃみさと 天ざるそば

地元恵那産と信州産のそば粉を混ぜ、二八の割合で打つ

●つんつんそば(温・冷)1030円らっせぃみさと つんつんそば

わさび菜のツンツンした辛みがいいアクセントでクセになる

●そばソフトクリーム 380円

らっせぃみさと そばソフトクリーム 注文の都度、炒ったそばの実もバニラソフトに混ぜ込んでくれる

●玉そば6個入り 470円

らっせぃみさと 玉そば そば玉の中につゆ味のあんが。わさびを付けて食す(冷凍品)

●パリそば 185円

らっせぃみさと パリそば そばをパリッと揚げた手軽なおやつ。ほどよい塩加減

シャキッ!ツルッ!喉越しまで旨い絶品そばを。

のどかな山間の立地にあり、そば打ち体験道場、農産物直売所、郷土食やそばを味わえる食堂などを併設。自慢の手打ちそばに使うそばの実は、殻付きのまま専門業者が低温保存。使う都度製粉するため、香りが損なわれにくいんだとか。

らっせぃみさと そば打ち体験 随時受け付けているそば打ち体験は、1鉢4人前で4320円

道の駅 そばの郷 らっせぃみさと

TEL/0573-28-3310

住所/岐阜県恵那市三郷町佐々良木1461-1

営業時間/9時~18時(夏季は~19時)

定休日/月(祝日の場合は翌日)

「道の駅 そばの郷 らっせぃみさと」の詳細はこちら

道の駅 飛騨街道なぎさ【高山】

地元で収穫したりんごをジュースに!

ここ久々野はりんごの産地。道の駅の加工場で搾ったジュースは、果実本来の味が楽しめるとあって人気があります。ほかにトマトジュースもありますよ(駅長・下田さんにインタビュー)

飛騨街道なぎさ りんごジュース 「リンゴジュース」大667円、小224円 ※ラベルが替わっている場合があります

下呂と高山の中間に位置し、地元の農家が届ける新鮮野菜や、常時10〜15種が並ぶ焼きたてパンが人気。飛騨の素材を使い心を込めて手作りするジェラートにはファンが多いです。

飛騨街道なぎさ 桃源郷ジェラート 飛騨の果物と牛乳を使った「桃源郷ジェラート」270円 飛騨街道なぎさ パン 店内にはベーカリーも併設。週末には行列ができるほど!

道の駅 飛騨街道なぎさ

TEL/0577-52-4100

住所/岐阜県高山市久々野町渚2685

営業時間/8時30分〜17時30分 ※レストランは16時45分LO

定休日/第1・3水(冬期のみ)

「道の駅 飛騨街道なぎさ」の詳細はこちら

道の駅 うすずみ桜の里・ねお【本巣】

大豆本来の味が引き立つお豆腐です!

岐阜県産の大豆と根尾の水、天然の本にがりで作る「淡墨とうふ」をぜひ一度食べてみてください。昔ながらの製法を守り、ほんのりとした甘みがあるのが特徴です。(駅長・伊藤さんにインタビュー)

うすずみ桜の里 とうふ 手作りの「淡墨とうふ」(500g/220円) 漬物や佃煮など、里山で古くから食されてきた郷土の味を中心に、素朴な加工品を各種販売。食堂や宿泊施設も備える「うすずみ温泉四季彩館」は入浴料大人850円(子ども450円)。うすずみ桜の里 桜の湯
前のページ 1 2 3 4 5 6次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき