ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『X-MEN:アポカリプス』、死と破壊が感じられる公式予告映像が初公開

映画『X-MEN:アポカリプス』の、死と破壊が感じられる初の公式予告映像が公開された。

3月17日(現地時間)、米20世紀フォックスにより公開された新しい映像では、古代エジプトの神と称えられた最初のミュータント、アポカリプス(オスカー・アイザック)が数千年の眠りから目覚め、ミュータントたちを分立し対立させる。

ダークサイドに落ちる前のマグニート(マイケル・ファスベンダー)が、「夜中に起こされることはないか?いつか彼らが、君と君の子供たちのところに来る気がする」と、プロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)に訊ねる。12月に公開された最初の短編予告映像では、答えはイエスだった。

アポカリプスは、マグニート、オリヴィア・マン演じるサイロック、コディ・スミット=マクフィー演じるナイトクローラー、そして、アレクサンドラ・シップ演じるストームの4人の主要ミュータントたちを従えチームを結成する。そして、彼らが盲目のリーダーたちに従ったせいで道を誤ったと納得させる。

アポカリプスは、「もう偽者の神はいない」とミュータントたちに忠告し、世界を浄化するミッションに乗り出し、プロフェッサーXやミスティーク、ビースト(ニコラス・ホルト)、若いX-MEN(新メンバーのソフィー・ターナーとタイ・シェリダン)たちと対決することになる。

マグニートは、「やつらから全てを奪う 」と、言う。

公式予告映像では、クラリティがカバーした心に残るコールドプレイのヒットソング『ドント・パニック』が流れ、アポカリプスがミスティークの首を絞め苦しそうにあえぐシーンで終わる。

『X-MEN:アポカリプス』は、映画『X-MEN:フューチャー&パスト』の10年後となる1983年の設定だ。

同作は、ブライアン・シンガーが再び監督を務め、5月27日に米劇場公開となる。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy