ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • ベン・アフレック、DCユニバースの悪役デスストロークをチラ見せ
  • 『聖闘士星矢 Legend of Sanctuary』の中国興収が日本の記録を超える
  • 歴史好き女子必見! イケメン揃いの時代劇『真田十勇士』の注目ポイント[オタ女]
  • 映画『ANEMONE/エウレカセブン』アネモネ&エウレカの設定判明!小清水亜美「TVシリーズでは出来なかったことができて嬉しかった」
  • 【6/18公開】Jホラー2大巨頭が遂に激突! 究極のバトルに悶絶必須『貞子vs伽椰子』レビュー[ホラー通信]
  • 元祖アメリカンヒーローをチェックせよ! 「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」が10月14日公開
  • おバカなリア充vsげっ歯類ゾンビ! ホラーコメディ映画『ゾンビーバー』7月日本公開[レビュー]
  • “ジャッキーミュージアム”間もなくオープン! 『ポリス・ストーリー/レジェンド』キックオフ・イベント開催
  • シュワちゃん公認声優・玄田哲章に聞く『サボタージュ』の見所「等身大のおじさんな所が良い」
  • 原作者・角田光代「私にはこんな話は書けません(笑)」 吉田大八監督の最新作『紙の月』完成報告会見レポート
  • 【独占記事】IFCフィルムズ、ジョナサン・リス・マイヤーズ主演の映画『London Town(原題)』の権利を獲得
  • 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のキャリー・フィッシャー、体重減量命令に不満を漏らす
  • アート映画を見る心がけ
  • アナ・ケンドリック、マーク・ローレンスとディズニーによる映画で女性サンタクロース役を演じる交渉中
  • 8月3日は横浜マリンタワーにアイアンマンが登場! ケヴィン・ファイギが語る“サノス”も
  • 『バクマン。』実写映画の大根仁監督 キャストが逆の指摘に「公開したら確かめてくださいね」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アニメ「おそ松さん」6つ子が揃って可動フィギュアfigmaで登場!様々なシーンを再現可能

おそ松さん,Osomatsu-san

figma 松野兄弟

TVアニメ「おそ松さん」より、松野家の6つ子達を動かして遊べるアクションフィギュア「figma 松野兄弟」登場する。

グッドスマイルカンパニー、マックスファクトリーの男性キャラクター専門のブランド「Orange Rouge(オランジュ・ルージュ)」からの商品化。スムーズかつキチッと決まるfigmaオリジナル関節パーツで、劇中のあらゆるシーンを再現可能。

松野おそ松には「笑顔」「やんちゃ顔」の表情パーツが付属。松野カラ松には「キメ顔」「格好付け顔」、松野チョロ松には「困り顔」「焦り顔」、松野一松には「無表情顔」「ニヤリ顔」、松野十四松には「笑顔」「緊張顔」、松野トド松には「笑顔」「トッティ顔」を用意する。

グッドスマイルオンラインショップで、1注文につき2体「figma」松野兄弟(組み合わせ自由)を購入することで、「ポケット手つっこみ」ボディパーツを1個進呈。価格は各3,900円(税込)。グッドスマイルオンラインショップでの予約期間は4月13日21時までで、10月発売予定。

(c)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
おそ松さん,Osomatsu-san

「figma 松野おそ松」
おそ松さん,Osomatsu-san

「figma 松野カラ松」
おそ松さん,Osomatsu-san

「figma 松野チョロ松」
おそ松さん,Osomatsu-san

「figma 松野一松」
おそ松さん,Osomatsu-san

「figma 松野十四松」
おそ松さん,Osomatsu-san

「figma 松野トド松」
おそ松さん,Osomatsu-san

十四松、チョロ松、おそ松
おそ松さん,Osomatsu-san

トド松、カラ松、一松
おそ松さん,Osomatsu-san

グッドスマイルオンラインショップ予約特典「ポケット手つっこみ」ボディパーツ

「おそ松さん」の6つ子が揃ってfigmaで登場!

▼リンク
figma 松野おそ松
http://www.goodsmile.info/ja/product/5547

TVアニメ『おそ松さん』公式サイト
http://osomatsusan.com/

YATTAR JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。