ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【タベアルキスト】静岡市のグルメキーワードは「先人の知恵と」と「甘酸っぱい幸せ」! ~名店巡礼 静岡市編~ 

f:id:hotpepper-gourmet:20150917104402j:plain

みなさんこんにちは、メシ通レポーターのタベアルキストWakuiです。

今回も我々タベアルキストが、わざわざ食べに行く価値のある逸品を提供しているお店へ実際に訪れ、食べまくる究極の食べ歩き「名店巡礼」をお届けします。

名店巡礼のセレクト店の定義やこの企画ポリシーなどは、ぜひ以前の記事をご確認ください!

~名店巡礼 静岡市編~

今回我々が選んだ行き先は静岡市。

静岡といえば思いつくのがまずお茶、それから新鮮な海の幸や果物、さらにバラエティに富んだB級グルメと、食の興味の尽きないエリアです。

そんな中から今回ピックアップしたのは「いちご」。

静岡のブランドいちごといえば<あきひめ>や<紅ほっぺ>が有名ですが、静岡市には「石垣いちご」という、温暖な気候を生かした独自の栽培方法でつくるいちごがあります。

静岡市ならではのいちご、食べてみたくありませんか? というわけで、静岡市内にある、こだわりのいちごスイーツが食べられるお店5軒を巡ります。

1軒目:なかじま園 逸品:贅沢ストロベリーパフェ

寒波到来で、今にも雪が降り出しそうな天気の1月某日、タベアルキストの3人が降り立ったのは静岡駅です。

まずは北口から路線バスに乗って朝イチで1軒目を目指します。

f:id:tabearukist:20160303210221j:plain

「なかじま園」到着したのは開店からわずか10分後。

にもかかわらず、すでにお店は満席で、売り切れのメニューも出ていました。なんなんだこの人気! 入店を待っている間にも、次から次へとお客さんがやってきます。

ここは地元で人気のいちご農家直営のカフェ。店舗裏手のいちご畑から、朝採れのフレッシュないちごを使ったスイーツがいただけます。

f:id:tabearukist:20160303210413j:plain贅沢ストロベリーパフェ 730円

その名のとおり、いちごを贅沢に使ったパフェは大人気のひと品。しっかりと完熟しきった、輝く宝石のようないちごは「紅ほっぺ」。静岡名産のいちごの品種のひとつで、力強い甘さと酸味のバランスが良く、香りもしっかりとした、主役にふさわしいいちごです。

たっぷりのソフトクリームとグラスの底にはいちごのソース。「いちごのしずく(700円)」という商品にもなっているこのソースも、濃密ないちごの味わいが楽しめます。

まずは朝からいちごづくしなパフェを堪能しました。

お店情報

なかじま園

静岡県静岡市葵区羽鳥本町11−21

TEL:054-277-2322

営業時間:10:00~18:00(17:30 L.O.)

休業日:無休 (1/1のみ休み)

ウェブサイト:http://www.ichigo15.jp/shop/

執筆者:Kae Suda

2軒目: chuan (チュアン) 逸品:いちごまみれ氷

バスで静岡駅に戻り、10分程歩いて向かったのはたっぷりのいちごを使ったかき氷があるカフェ「chuan (チュアン)」。

f:id:tabearukist:20160303210504j:plain

かき氷は夏のイメージですが、氷の状態を考えたら冬こそ美味しくいただけるもの。

近年のブームも手伝ってか、いまでは冬でも美味しいかき氷をいただけるお店が増え、通年でかき氷を出すお店の多くが、素材にこだわった美味しいかき氷である事が多いです。

「chuan (チュアン)」もそんなお店の1つ。

f:id:tabearukist:20160303210848j:plainいちごまみれ氷 900円

あきひめをつかったシロップがたっぷりとかかった、その名の通り「いちごまみれ」なかき氷。あきひめをフレッシュのまま砂糖に漬け込んで作った非加熱のシロップだから、いちごそのものの味わいが生きています。

氷は純氷を使い、口に含んだ途端均一に溶けるさらりとした氷に削っています。

あきひめの柔らかな酸味や華やかな香りを楽しむにはもってこいのかき氷です。

f:id:tabearukist:20160303210926j:plain生いちごみるく氷 800円

季節で変わるかき氷のシロップはもちろん、練乳やトッピングの金時など、お店で使う素材のほとんどは自家製。そんなこだわりをみせる店主は、実はお茶屋さん出身。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。