ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2015年の国内タブレット出荷台数調査でHuaweiがメーカー別で2位にランクイン、Sonyがランク外に

IDC Japan は 3 月 15 日、国内における 2015 年のタブレット出荷台数の調査結果を公開しました。タブレットの国内出荷台数はトータルで 831 万台となり、昨年から 1.5% とわずかに増えました。このうち、個人向けの出荷台数は 589 万台で、昨年から 2.1% 増加。法人向けの出荷台数は 241 万台で、 昨年から 0.2% 増加しました。メーカー別に見ていくと、トップは Apple の 40.9%、2 位は意外にも Huawei(9.2%)、3 位は ASUS(7.1%)、4 位は NEC – Lenovo 連合(6.6%)、5 位は富士通(6.1%)でした。Apple のシェアは昨年から 4.5% も減少しましたが、依然としてダントツです。それよりも、Huawei が2014 年のランク外から 2 位にランクインしたことに驚きました。Huawei のタブレットは全体的に安価で、MVNO や量販で通信プランとのセットで安く販売されていたり、投げ売りされていることもあって販売台数が増えたのでしょう。一方、2014 年は 3 位だった Sony が 2015 年はランク外になりました。Source : IDC Japan

■関連記事
エム・ティプランニング、スマートフォン20台を保管できるラック「Tablet*Cart Secure2 SmartPhone」を発売
dTVで360度動画の配信が開始、スマートフォンの動きに合わせて映像の視点も変わる
Google Japan、国内の開発者を対象にした技術情報などの動画を配信する YouTube チャンネル「Google Developers Japan」を開設

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。