ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

町田市民へ告知!恵比寿のネパール料理店が攻めて来たぞ! @『ソルティーモード』町田市

dahl-bart033_R

あの恵比寿で有名なネパール料理の店『ソルティーモード』が、町田に進出との情報をキャッチした筆者は、とりあえず地元という地の利を生かしてマッハでレポってみました。

dahl-bart000_R

正直、この『ソルティーモード』に関しては予備知識ゼロな筆者でしたが、筆者の優秀なフォロワーの方達のツイートにより、オープン初日に訪れることが出来ました。

「さあ、僕を育てて有名にしておくれ!!」

ほぼほぼ他力本願な筆者ですが、そこそこ行動力はあると思うので、長い目で見てみたら育て甲斐はあるかもしれませんので、よろしくお願いします。

ネパール家庭料理『ソルティーモード』

dahl-bart001_R

恵比寿にある『ソルティモード』はネパールの家庭料理に特化したレストランバー的な何かでして、あくまでも家庭の味にこだわっているそうです。

そんな『ソルティモード』の料理に惚れた店主が、恵比寿は遠いから町田に『ソルティモード』を作ったとのこと。

筆者は色々な店に訪れますが、時にカレーマニアの情熱は常軌を逸していて、例えば新橋の『スズメバチカレー』とか、相模原の『マボロシ』とかは好きだった店が閉店してしまうので、自分で店をやって味を受け継いだとか普通にやるから驚きです。

まあ、こちらは厳密にはカレーというよりは”ネパール料理”なのですが、好き過ぎて始めちゃう系である点は否めません。

dahl-bart028_R

このように「本当に好きで始めちゃったパターンの店」は、味に関しては妥協しない傾向があると言うか、店主本人が好きだった店の味を追い求めるので食べる側も安心で御座います。

あくまでも”食べる側目線”で料理を作るので、限りなくオリジナルに忠実な味を再現してくれる可能性が高いのです。

『ゴルゴ13』から花束が届いている件

dahl-bart002_R

そして!

何気に店の入り口に置いてある、お祝いの花束がキテますね。この時点でこの店の店主が只者ではないという事が理解出来ます。

dahl-bart004_R

店の内装もシャレオツ感全開で、これは女子ウケも良いと思われます。テーブル席も用意されているので友達との食事にも最適ですね。

ちなみにボッチエリートの方達にもカウンター席があるので安心して下さい。むしろ、夜は”お酒の店”としての顔があるので、じっくり飲むならカウンター席が正解かもです。

『ダル・バート』を食す!

dahl-bart034_R

ランチは『チャウミン』と呼ばれる”焼きそば的な何か”と『ダル・バート』の2択なので、ここは『ソルティーモード』の看板メニューである

『ダル・バート』(ランチタイムは1000円?)

を食べることにします。言うまでもなく”ダル”は豆でして、バートの方は”白い御飯”を指すらしいです。

dahl-bart035_R

つまり豆のスープ的な何かとご飯が主役で、他のカレーっぽい感じの”タルカリ”は脇役とも言える定食的なメニューで御座います。

dahl-bart040_R

食べ方としては、意外にも最初から御飯の上に”ダル”(豆スープ)をドバーっとかけるのが正解とのこと。

dahl-bart041_R

「だったら最初からかけて提供したらどうだろうか?」

みたいな疑問も浮かびますが、コレがネパールの儀式だと思って納得しましょう。

dahl-bart042_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy