ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京の「焼きラーメン」の劔(つるぎ)の美味さは、もっと知られるべき

f:id:Meshi2_IB:20151130183928j:plain

新食感! 「東京の焼きラーメン」の味とは?

いろんな前置きはすっとばして、東京でしか食べられない「焼きラーメン」を紹介したいと思います。

焼きラーメン?

博多が本場なのでは?

と知っている人は声を大にして言いたいはずです。

「博多の焼きラーメン」といってもピンとこない人のために説明しましょう。いわゆる「普通」の焼きラーメンは、博多の屋台で食べられているラーメンのこと。

でも、焼きそばではありません。豚骨スープを茹でた麺に絡めながら鉄板で焼くという、なかなかB級感漂う食べ物。

ならば福岡に行って本場の味を楽しめばいいではないか。

そうでなくとも、東京にも、博多で有名な店が進出していますし。

しかし、あえて言わせてください。

この焼きラーメンは東京でしか、いえ、新宿区は高田馬場でしか食べられないのです。

理由は追々ということで、さっそく高田馬場駅にGO!

f:id:Meshi2_IB:20151130183916j:plain

ここは早稲田大学のお膝元。

駅前の複合商業施設、BIGBOXは早大生でなくとも、待ち合わせによく使います。

早稲田大学方面に進むと、筆者が世界一美味いと思う「やまぐち」をはじめ、有名ラーメン店が並ぶ「激戦区」に続いていきますが……

f:id:Meshi2_IB:20151130183917j:plain

今回は、そこから、早稲田道りと平行して走っている少々薄暗い道を進みましょう。

f:id:Meshi2_IB:20151130183918j:plain

鶏が好きな人には有名な名店「三歩一」がある通りに入っていきます。

f:id:Meshi2_IB:20151130183919j:plain

しばらくすると、次郎の辛バージョンというのでしょうか、「裏表」が現れます。

f:id:Meshi2_IB:20151130183920j:plain

さらに進むと、住宅街に突入しますが、かすかな明かりを頼りに進んでいきます。

f:id:Meshi2_IB:20151130183921j:plain

ありました。

今回の目的地「焼麺 劔(つるぎ)

f:id:Meshi2_IB:20151130183922j:plain

看板には「ベジポタスープ」と書いてあります。

焼き麺なのにスープ?

……え?

f:id:Meshi2_IB:20151130183923j:plain

入ってみると、10席というこぢんまりとしたお店の中央からじゅうじゅうという音が聞こえてきます。

店員さんイチオシということで「目玉焼麺」(860円)を注文しました。

f:id:Meshi2_IB:20151130183924j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy