ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外で使える! 衛星電話「スラーヤ」を月額基本料金1回線25ドルで維持出来る方法!

料金プラン
http://www.softbank.jp/mobile/price_plan/satellite_phone/[リンク]

キャプチャ

衛星電話バリュープラン(2年間のご契約(自動更新))ほか諸条件有り
基本使用料 4900円/月
無料通信 1000円/月
通話料(国内発・海外発) 160円/分

これらの衛星電話サービスは、いずれも各キャリアが日本国内で許可を取得しているので、平時でも世界各地だけでなく、日本国内でも衛星電話の利用が可能です。

しかしながら、ネックなのはその通話料金。あらかじめ日本で契約をする場合、その金額は、いずれも高額な料金で、なかなか個人で所有するには難しいものでした。

キャプチャ

ただし、海外で、衛星電話を使うのであれば、海外の衛星電話サービス会社と直接契約する事で、衛星電話の維持費は、より安価に抑える事が可能です。

キャプチャ
5b05ad20-504b-4414-c46a-3479f907e775

「海外の衛星電話事情を、取り急ぎ、ご紹介します!」

実は海外では衛星電話の料金支払いはプリペイドが一般的!

さて、実は、海外では、衛星電話や携帯電話の料金支払いは、プリペイド(前払い)方式が一般的です。

キャプチャ

日本で衛星電話の契約を行う場合、クレジット決済による月額契約が必須ですが、海外では国情や決済環境の習慣や信用度などの問題から、あらかじめ携帯通話料金を支払って利用する「プリペイド」式の決済方法が広く利用されています。

プリペイド式の衛星電話は、安価な衛星電話サービスで知られている「スラーヤ」の場合、基本料金は不要で、SIMの有効期間内(1年~2年)で、専用のSIMに通話料金を登録(チャージ)する事で衛星電話を利用する事が可能になります。
安価な衛星電話サービスで知られている、Thuraya(スラーヤ)の衛星電話サービスのプリペイドSIMカードの通話料の値段を見てみましょう。

images

Thuraya Standard & NOVA Pre-Paid Satellite Airtime
http://www.orbitalsatcom.com/satellite/Thuraya-Pre-Paid-Satellite-Airtime.html[リンク]

キャプチャ

Type of Call NOVA Pre-Paid (Originating within NOVA Zone)
Thuraya to Thuraya:$0.85
Thuraya to Fixed/Cell:$0.90
Thuraya to Fixed Cell (band 2):$5.09
SMS:$0.35
Thuraya to other Satellite:$8.10
Renewal Fee:10 units

プリペイドSIMカード自体は、記事執筆時点では初期20ユニット分通話料入りSIM = $35でした。

キャプチャ


SIM自体の値段以外にかかる年間の電話の維持費(SIMカードの維持費)は、20units、 $30からとなります。
また、NOVA SIMの有効期間延長に必要となるRenewal Feeは10unitsで、期間はさらに2年間となります。有効期間終了時に該当unit数以上が残っている場合には、Renewal Feeを自動的に引落とし、有効期間を延長致します。この期間延長は残unitが該当数に満たなくなるま何度でも繰り返されます。

前のページ 1 2 3 4 5 6次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。