ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブラッド・ピットと米ディズニーが移民医師の実話をもとにした映画『Dr.Q』を製作開発中

Brad Pitt Working on Immigrant Doctor

米ウォルト・ディズニーとブラッド・ピット率いる製作会社プランBエンターテインメントは、映画『Dr.Q』を製作開発中だ。同作は、ジョンズ・ホプキンス病院で脳腫瘍外科手術のトップとなった不法移民の医師の実話をもとにしている。

同作は、南北戦争を描いた演劇『The Whipping Man(原題)』で舞台脚本を手掛けたマット・ロペスが、アルフレド・キニョーネス・ヒノホサ医師を主人公とするストーリーの脚本を執筆中だ。ピットが運営するプランBとデデ・ガードナー、ジェレミー・クライナーは、ラジオでヒノホサ医師について知った2007年に、同プロジェクトを始動した。

ヒノホサ医師は、1980年代後半にメキシコから米国に渡った。当時19歳だった彼はカリフォルニア州の農場で働き始め、サン・ホアキン・デルタ大学で学び、カリフォルニア大学バークレー校で学士号を修めた。その後、ハーバード大学医学大学院にて医学学位(博士号)を取得し、米国市民となった。

ヒノホサ医師は現在、ジョンズ・ホプキンス病院にて神経外科学と腫瘍学の教授であり、同院のジョンズ・ホプキンス・ベイビュー・メディカル・センターにて脳腫瘍プログラムのディレクターを務めている。

プランBの前に米ディズニーで働いていたテンド・ナジェンダが、アリソン・アーリックマンとともに同プロジェクトを指揮している。

ピット、ガードナー、クライナーは、映画『それでも夜は明ける』で2年前の第86回アカデミー賞作品賞を受賞し、今年は、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』で弟88回アカデミー賞作品賞にノミネートされた。

『The Legend of Georgia McBride(原題)』の脚本も手掛けたロペスは、、米ケーブルテレビ局HBOの『ニュースルーム』ではスタッフライターだった。ロペスは、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)を代理人としている。

このニュースは、ハリウッド・リポーターが最初に記事にした。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy