ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

That’s 洋辛子ワールド!新宿三丁目マスタード料理とワインの店「wine & mustard A」

f:id:Meshi2_Writer:20151111184205j:plain

これ全部、マスタードなんです!

マスタードの使用例っていえば、ソーセージにつけたり、ホットドッグに塗ったり……そのぐらいしか思い浮かばないのが、正直なところではないでしょうか。

しかし!

マスタードはそんな簡単なものじゃありませんでした。

知らなかったよこんなにも奥深いマスタードの世界!

今回は東京・新宿三丁目の

マスタード料理とワインを楽しめるお店をご紹介しますよ。

その店の名も「wine & mustard A」(ワインアンドマスタード A)!

味わい豊かな豪州タスマニアのマスタード

f:id:Meshi2_Writer:20151111185432j:plain

お店の入口で出迎えてくれたのが、

シェフ兼ソムリエの武藤恭通(むとうやすゆき)さん。

きょうはよろしくお願いしますー!

f:id:Meshi2_Writer:20151111185507j:plain

店内はカウンターがメインで、4人用のテーブルが1つ。

早速このお店についてうかがってみました!

ひとことでいうと、「オセアニアのワインと、タスマニアのマスタードが楽しめる店」それが『wine & mustard A』です。オーストラリアとニュージーランドのワイン、そしてオーストラリア・タスマニア州でつくられるマスタードを軸に、さまざまな料理をご用意しています。前菜からデザートにいたるまで、マスタードを応用していますよ。

f:id:Meshi2_Writer:20151111185733j:plain

ご覧ください、お店で取り扱う8種類のマスタード

粒あり粒なし、色も味わいもさまざま。まるでマスタードのパレットのよう!

オーストラリアのタスマニア州で生産されるこれらのマスタード、

その味わいに感動したスタッフが「ぜひ日本でも紹介したい!」と思い、

こちらのお店が誕生することになったのだそう。

f:id:Meshi2_Writer:20151111185956j:plain

これまでフレンチのシェフとして研鑽を積まれてきた武藤さん、2年間の渡仏経験も。フランスでよく使われるディジョン・マスタードとはまた別の良さがあるタスマニア・マスタードに、すっかり魅了されたそうです。

まず、マスタードのイメージそのものが変わりました。マスタードの原料となる、からし菜類の種の味と香りがしっかり伝わってくるんです。そして鮮烈な香味がありながら、食材の邪魔をせずに、それぞれの味わいを盛り立ててくれます。また粒マスタードのプチッとした食感は格別で、これも初体験でしたね。驚かされました。

f:id:Meshi2_Writer:20151111185750j:plain

ローストポーク×はちみつ×マスタード=最強!

さて、そんなマスタードを使った武藤さんの料理、さっそくご覧ください!

f:id:Meshi2_Writer:20151111184619j:plain

まずこれは必食、ポテトサラダ(800円)!

ほくほくの食感も楽しい「キタアカリ」をマッシュして、ケッパー、フランボワーズとシェリーのWビネガーで味つけをしたのち、2種類のマスタードを加えたもの。

f:id:Meshi2_Writer:20151111190042j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。