ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

声優 田所あずさインタビュー後編「日常の感動や体験すべてを演技につなげていきたい」

J7A4660

人生の多くの時間を費やす「仕事」において、自分の「好き」を見つけ、その「好き」を行動に起こしていくことで、人生をより豊かなものにできるのだと思います。

人生の時間を費やす「仕事」において、自分の「好き」を見つけ、その「好き」を行動に起こしていくことで、人生はより豊かなものになるのだと思います。

その好きを見つける応援をするため、学生生活がもっと楽しくなるお役立ちマガジン「From Aしよ!!」では、さまざまな「働くヒト」に光を当て、その過去から今、そして未来について伺い、働く楽しさ、働く意義をお届けしていきます。

本連載の第2回目に登場するのは、声優アーティストとして活動する田所あずささんです。茨城県出身、現在22歳の田所あずささんは、高校在学中に「36thホリプロタレントスカウトキャラバン」で12,745通の応募からグランプリを獲得し、デビューのきっかけをつかみました。

声優デビュー後はTVアニメ『アイカツ!』霧矢あおい役を演じた他、ニッポン放送のラジオ『ミューコミ+プラス』火曜日レギュラー、歌手活動での大都市圏ライブツアーなど幅広く活動中です。

インタビュー前編では、田所あずささんが高校時代のアルバイトで得た貴重な体験や、マネージャーを務める金成雄文さんから見た彼女の魅力に「伸びる人の要素」のヒントを見つけました。

後編である今回は、「声優アーティスト・田所あずさ」が目指す未来と、2年半以上ラジオのレギュラー番組で共演するニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さんが見た彼女の魅力から、「仕事をする時の大切な心がけ」を教わります。

前編はこちら>>声優 田所あずさインタビュー「その時代にしかできないことがある。だからこそ、部活もバイトもその瞬間を楽しめ!」

日常の感動や体験すべてを演技につなげていきたい

1454042757_1_1_6f07f7572a6dd4cd9301e7e6d3c910eb

──声優としてアニメ作品に出演、歌手活動、ラジオ、イベントなど多彩なお仕事をなさっている中で、田所さんが日頃から心がけていることはありますか?

田所あずさ(以下、田所):毎日が勉強という感じです。これまではできないことが多くて、自分が情けなくて「反省の毎日」だったんですけど、最近は少しずつできることが増えてきて、少しずつ楽しくなってきました。

お芝居が好きで「うまくなりたい!」という気持ちが強いので、アフレコに行かせていただけることがあったら、必ず何かをもらって帰ってくるつもりで臨んでいます。マイクへの入り方、先輩の行動、音響監督さんの言い方や伝え方……すべてにおいて、ですね。

例えば音響監督さんは人によって言い方が違って、「もっとふわっとした感じ」「もっとキレキレに」みたいにいろいろあるんです。それを他の声優さんはうまく切り返して演技できているので、自分も同じように言葉をもらった時に、自分のものとしてちゃんと出せるように瞬時に対応できるようにしたいなと。

なので自分の引き出しをもっと増やしたいんです。そうした中で自分がステップアップしているなと一番思えるのは、アフレコ現場を直接観たり、自分が演じている時なので、とにかく場数を踏みたいですね。

──アフレコ以外で自分の引き出しを増やすためにやっていることはありますか?

田所:昔、講師の方に「本を読め、映画を観ろ」とアドバイスをもらい、それまで本はあまり読んでいなかったのですが、小説を短期間で100冊くらい、映画もたくさん観ました。やってみたら本も好きになったし、映画にも興味が湧くようになって、その経験が結構生きていたりしています。

──マネージャーの金成さんにお話を伺ったら、田所さんには「武器になる経験」をさせてあげたいとおっしゃっていました。それも引き出しを増やす挑戦につながりますね。

田所:そうですね、私も今までやっていないことこそやりたいと思っています。最近は歌舞伎や落語を観たりしたいなと。『昭和元禄落語心中』みたいに落語のアニメも始まりますが、声優さんがどう演じられているのかが楽しみです。

落語の語り口調は普通の会話にはない、リズム・テンポ・間の良さに加え、的確な擬音語を混ぜるしゃべり方じゃないですか。もし、「もうちょっと落語っぽくやって」とリクエストがあれば、落語を実際に観ているかいないかでは、絶対に演技が違うと思いますから。

あとは、クリアカヤックにも挑戦したいです! 底が透明なボートで海に漕ぎだすんですが、きれいだなぁと思って。本当にきれいな海を見たら、「海がきれい」って言い方が変わるかもしれませんよね。やることのすべてがお芝居につながったらいいな、と。

また歌手活動も、お腹から声が出るようになった良さもそうですが、ステージに立つアイドルのような役柄を演じることもあるので、それを実体験できるのは身になっているなと思います。

『アイカツ!』の現場で「お芝居を極めたい!」と決心した

1454042757_1_4_be510b7ab22f6cbf97859560501bd396

──田所さんが声優を志すきっかけに、先輩の矢島晶子さんの演技があったとおっしゃっていましたね。矢島さん以外に参考にしている人や尊敬している人はいますか。

田所:瀬戸麻沙美さんです。同い年ということもありますが、第一声から雰囲気があって、存在感がすごいのに、それでいて自然な演技で何にでもなれちゃうんです。「つくっている」というよりは「魂で演じている」のが格好よくて。

『アイカツ!』という作品でもお世話になっていたのと、私がモブとして他の作品で共演させていただいた時の姿も印象的でした。瀬戸さんがメインの役どころで、大先輩の方々でも撮り直しが求められていた現場だったのに、瀬戸さんはたくさんのセリフを一発OKにしていたんです!

──瀬戸麻沙美さんの姿にも学びつつ、田所さん自身が3年後や5年後に描いている未来はありますか。

田所:やっぱりお芝居を続けていきたいですし、もっとステップアップして、もっともっと深いところまで表現できるようになりたいです。キャラクターを演じる機会をいただいたら、「田所あずさでよかった」と思ってもらえるような、誰よりもその子を一番表現できるようになりたいです。

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。