ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京人は知らない】あの「関西風玉子サンド」を自宅で再現してみた【料理解析・旅情編】

厚焼き玉子のサンドイッチ

f:id:Meshi2_IB:20151118074529j:plain

関西の玉子サンドって関東のとまったく違うよね」と私。

「うん、塩味の分厚〜いアツアツの玉子焼きがはさんであって、アレ美味しかったよね」と妻。

「作っておくれ」

「一年以上前に京都旅行で食べたっきりだし無理。味覚えてないもん」

f:id:Meshi2_IB:20151118074530j:plain

「じゃ関西行こうよ、大阪行こう!」

「お金はどーすんのよ。それに、ただでさえ忙しいのに」と醒めた返答の妻。

「『メシ通』に頼んでみる」

「は?」

「土下座して頼んだら交通費と取材費出してくれるって」

(※編注:↑誇張表現が含まれております)

「はぁ!?」

「だから味見しに行って完璧なの作っておくれ」

「あぁん!?」

というわけで一路大阪へビューン!

f:id:Meshi2_IB:20151118074531j:plain

大阪に到着。

空堀商店街へ。

余談ですがここは小説『プリンセス・トヨトミ』(万城目学著、文芸春秋刊)の舞台となりました。万城目氏曰く「坂を抱いている」と言わしめた商店街。

f:id:Meshi2_IB:20151118074533j:plain

急な坂道にある珍しい商店街。大阪城の空堀跡に出来たから空掘商店街なのだ。このあたりは派手なお店がいっぱいで、いよいよ大阪に来たなという感じです。

f:id:Meshi2_IB:20151118074535j:plain

脇の路地に映画のロケ地になったお好み焼き屋さんがあったりします。

f:id:Meshi2_IB:20151118074547j:plain

とりあえず目に入った喫茶店に入って、さっそく玉子サンドを注文。

f:id:Meshi2_IB:20151118074537j:plain

バッチリ関西風の玉子サンドです!

これ、東日本の出身者だと「食べたことない」って人が多いんですよね。

f:id:Meshi2_IB:20160220110542j:plain

パクリ。

f:id:Meshi2_IB:20160220110558j:plain

これはシンプル。いままで関西風の玉子サンドも色々食べてきましたが、ここのが一番美味しいかもしれません。

厚焼き玉子がフワフワなのは当然として、全体にミルフィーユ状になっていて、あいだが少し半熟状態という絶妙の仕上がり

まさに職人ワザです。

f:id:Meshi2_IB:20151118074540j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy