ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お菓子みたいなネイルオブジェ!リアル感を追求したこだわりとは

まるでお菓子みたいなネイルを作った、そのきっかけとは?

まるでお菓子みたいなネイルを作った、そのきっかけとは?

お菓子みたいなネイルオブジェは、ちょっと人目を引きますよね。
この作品を制作したきっかけは、まずはネイルに今まで興味のなかった方へ向けてのアピール…が1番大きいです。

 

ネイルオブジェに込めた思い

ネイルオブジェに込めた思い

ネイルアーティストから見ると、世間的には「ネイル=美容」のイメージが強く、主に若い女性をターゲットにしたものだと考えがちな男性や、自分には関わりがない世界だと捉えられている方が、まだ多くいらっしゃるのを感じることがあります。

また、ネイルには身だしなみの他に、カラーやアートなど髪と並び、人工的な加工がしやすいパーツだという特徴があるため、その材料を使って誰にでも分かるモチーフを作ることで、よりたくさんの方たちへ関心を持ってもらえたら…と思いました。

 

ネイル技術の向上にも!新しいネイルへの挑戦

ネイル技術の向上にも!新しいネイルへの挑戦

そして2つ目に、自分の技術レベルの確認や、上達を願っての挑戦という意味もありました。
ネイルサービスにおいては、あくまでも基礎の技術が大切なのですが、材料の特性をより理解して、使いこなせるようになる意味で、制作過程で新しい発見をしたり、自分の技術の幅が広がったりするのでは? と考えました。

 

材料、色、表現の仕方…一つひとつのリアル感を追求

材料、色、表現の仕方…一つひとつのリアル感を追求

お菓子の種類一つひとつを再現するために、どの材料をどう使うか? 何色を使えば本物に近づくのか? を、考えながら作っていったので、完成までにかなり時間がかかりましたが、その分、本物に近づけられた手応えを感じることができました。

 

ネイルも自由に楽しんで♪

ネイルも自由に楽しんで♪

“ネイルオブジェ”は実用性のある「ネイルアート」とは違うという意味で、“オブジェ”と名付けられたのですが、自分の好きな「ネイル」と「アート」を融合させて表現したい、ネイルアーティストとしてスキルアップしたいという、私のライフワークなんだと思います。
サロンワークとは全く別のものとして、自由に作りたいモチーフで作るので、毎回新しい発見があり、楽しく制作できますし、その発見がサロンワークにも生きてくる、いいサイクルが生まれる気がします。
ネイルもアートも「自由に!」気軽に楽しんで下さいね!
Cool NAILS make you smile!
SAYOKO

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。