体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

効率的なアイデアの出し方──エンジニアのための企画書講座vol.2


そういえば知り合いのコピーライターや編集者も、よく使うキーワードリストを持っていて、それをもとに記事や企画を考えていたな。キーワード一覧を見ると、その人らしさが出ていてなるほどと思ったよ。


自分の好きなキーワードリストを作るのは、とっかかりとして良いね!


「オープンソース」「自動化」「AI」「モバイル」「拡張」「シェアサービス」「骨つき肉」


最後変なの混ざってたけど、良い感じだ。


次回も読んでね!

(イラスト : Shiori Clark
⇒「エンジニアのための企画書講座」バックナンバーを読む

瀬尾 浩二郎(セオ商事)
大手SIerを経て、2005年に面白法人カヤック入社。Webやモバイルアプリの制作を主に、エンジニア、クリエイティブディレクターとして勤務。自社サービスから、クライアントワークとしてGoogleをはじめ様々な企業のキャンペーンや、サービスの企画制作を担当。
2014年4月よりセオ商事として独立。「企画とエンジニアリングの総合商社」をモットーに、ひねりの効いた企画制作からUI設計、開発までを担当しています。
Twitter: @theodoorjp
ホームページ: http://theodoor.jp/

前のページ 1 2 3
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。