ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

誰もが惚れこむ!ポルトガルのおすすめ観光スポットベスト10

Photo credit: トモテラ「サウダーデの国ポルトガルへ ポルト」

Photo credit: トモテラ「サウダーデの国ポルトガルへ ポルト」

TRiPORTライターのさとりんです。
ポルトガルってどんな国かご存知ですか? むしろどこにあるか知っていますか? ポルトガルについてあまり知らない人も多いようですが、それは損をしています。ポルトガルは人を魅了してやまない国なんです。一度訪れたらその心を掴んで離さない! モテ男ならぬモテ国! 街自体がまるでアートのように美しくて、街を散歩するだけでもうっとりしてしまいます。
今回はそんなポルトガルについてもっと知ってもらいたいと思い、ポルトガルで是非とも訪れてもらいたい観光スポットをご紹介したいと思います。
でも気を付けて! あなたのハートもポルトガルに奪われちゃうかも?!

ポルトガルとは

ポルトガル共和国、通称ポルトガルは、西ヨーロッパのイベリア半島に位置する共和制国家である。北と東にスペインと国境を接し、国境線の総延長は1,214kmに及ぶ。西と南は大西洋に面している。ヨーロッパ大陸部以外にも、大西洋上にアソーレス諸島とマデイラ諸島を領有している。首都はリスボン。
ポルトガルはユーラシア大陸最西端の国家である。英葡永久同盟を背景に大航海時代の先駆者となった。ヨーロッパで最初に海路で中国や日本など東アジアとの接触を持った。
出典:ポルトガル-Wikipediaより

1. サン・ロケ教会(リスボン)

Lisbon Portugal 185 Igreja de São Roque by David Holt London, on Flickr
"Lisbon Portugal 185 Igreja de São Roque" (CC BY-SA 2.0) by  David Holt London 

1584年に日本の天正遣欧少年使節団が宿舎として1カ月間ほど滞在していたイエズス会の教会で、日本との深い繋がりがある場所です。この教会は16世紀末にイタリア人の建築家によって建てられました。
正面にあるファサードは、一度地震で崩壊してしまったものの、現在は再建されています。
教会の奥にあるサン・ジョアン・バプティスタ礼拝堂は、モザイクやめのう、瑠璃などで華麗に装飾され、イタリアのバロック建築の傑作と言われています。

サン・ロケ教会 (Igreja Sao Roque)
住所:Largo Trindade Coelho, 1200-470 Lisboa, ポルトガル
電話:+351 21 346 0361
営業時間:10:00~18:00(木 ~21:00)
定休日:月曜日、教会の特別な行事
料金:無料
ホームページ:http://www.museu-saoroque.com/pt/igreja-de-sao-roque.aspx
アクセス:地下鉄「レスタウラドーレス駅」と鉄道「ロシオ駅」下車、徒歩約5分

2. ベレンの塔(リスボン)

Photo credit: Keita「サンティアゴデコンポステーラヘの道」

Photo credit: Keita「サンティアゴデコンポステーラヘの道」

テージョ川の河口にあるベレンの塔は、マヌエル1世の命によって16世紀初頭にジェロニモス修道院と同じマヌエル様式で建てられた石造りの塔です。真っ白で風情のある外観は、純白のドレスを着た貴婦人に例えられています。
当時は、テージョ川を監視して、リスボン港を守る要塞として使用され、1階は水牢、2階は砲台、3階には王族の居室となっていました。3階のテラスからは向こう岸にある、巨大なキリスト像やクリスト・レイを見ることができます。
大航海時代を代表する建物として、世界遺産にも登録されています。

ベレンの塔 (Torre de Belem)
住所:Av. De Brasilia, 1400-206 Lisbon, ポルトガル
電話:+351 21 362 0034
営業時間:【10~4月】10:00~17:30【5~9月】10:00~18:30
定休日:月曜日、1/1、5/1、12/25
料金:一般 5ユーロ/学生 2ユーロ/14歳以下 無料
ホームページ:http://www.torrebelem.pt/pt/index.php
アクセス:路面電車15番「Largo da Princesa駅」下車、徒歩約4分

3. ペーナ宮殿(シントラ)

Photo credit: トモテラ「サウダーデの国ポルトガルへ シントラとロカ岬」

Photo credit: トモテラ「サウダーデの国ポルトガルへ シントラとロカ岬」

ポルトガルのシントラにあるペーナ宮殿は、1836年にマリア女王2世の王婿であるフェルナンド2世によって標高500mの場所に建てられました。ペーナ宮殿は、ゴシック風、マヌエル風、イスラム風など様々な建築様式が入りまじり、19世紀のロマン主義を象徴する建物として有名です。
1995年には「シントラの文化的景観」としてシントラの宮殿やレガレイラの宮殿とともに世界文化遺産にも登録されました。
古い宮殿ですが、カラフルで、おとぎ話に出てきそうな外観は、かわいらしく愛おしさを感じさせます。

1 2 3 4次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy