ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたは『戦争のつくりかた』を知っていますか?

『戦争のつくりかた』は、2004年に発表された「りぼん・ぷろじぇくと」による絵本。このたび、衝撃的なタイトルの同作品が、日本中のアニメーション作家の協力のもと映像化され大きな話題を呼んでいます。

プロジェクトの主導者は、東日本大震災をきっかけに発足したNOddIN。「日本(NIPPON)をひっくり返して見ること」を名前の由来とする彼らは、政府の原発や安全保障の政策に疑問を抱いた国内の映像作家やプロデューサー、アーティストで構成されるグループです。

映像化することによって、“今だからこそ”彼らが伝えたい想いとは?

戦争・平和についての7分半

映像は、まずこのようなメッセージでスタートします。

この絵本は、2004年、日本が戦争へと近づいていくのではないかと気付いた人たちによって制作されたものです。この絵本をいま開くと、現在の日本や私たちの日常がその絵本に描かれている姿へと日々近づいているように思えます。

あなたは戦争がどういうものか知っていますか?おじいさんやおばあさんから、昔のことを聞いたことがあるかもしれません。学校の先生が戦争の話をしてくれたかもしれません。

私たちの国は70年近く前に「戦争しない」と決めました。だからあなたは戦争のために“何か”をしたことがありません。

でも、国の仕組みや決まりを少しづつ変えていけば、戦争しないと決めた国も、「戦争できる国」になります。

その間には、例えばこんなことが起こります。

私たちの国を守るだけ
だった自衛隊が、

武器を持って、よその国に
出かけるようになります。

「世界の平和を守るため」「戦争で困っている人々を助けるため」と言って。また、

「戦争のことは、ほんの何人かの
政府の人で決めていい」

という決まりを作り、

他の人には「戦争することにしたよ」と言います。

…と、ここからは、私たちの日常生活への影響が描かれていくことに。

「私たちはそれぞれにいろんな立場があります。でも、どんなに政治的な議論をしても、それぞれの解釈を持ってしても、『戦争をしては­ならない』という想いだけは、誰もが疑いなくイエス!と言えるものであると思っていま­す。この物語が、多くの人の心に触れ、平和の礎の一つになることを願って」

そのようなNOddINの“反戦”への願いが込められたアニメーション。続きは以下でチェックし、平和を考えるきっかけにしてみてはいかがでしょう。

©『戦争のつくりかた』アニメーションプロジェクト
Licensed material used with permission by NOddIN

関連記事リンク(外部サイト)

2週間に1人。日本では生まれたばかりの赤ちゃんが「虐待死」していることを知っていますか?
日本の技術をルワンダに。紛争で傷ついた人たちに「義足」を届けたい
「動物の処分、1匹につき78円」12歳の少女が書いた作文に考えさせられる・・・

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。