ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「も」って何回言えばいいんだよ! 161倉庫・モリモ亭の「もりもいも」を味わう!

「も」って何回言えばいいんだよ! 161倉庫・モリモ亭の「もりもいも」を味わう! f:id:mesitsu_lc:20151030102415j:plain

一見さんが入ってくると、店主の方が驚いた表情を見せる。そんなお店をこよなく愛する、メシ通レポーターの裸電球です。

今回は札幌を拠点に活動するバンドマンに教えていただいたお店です。観光客が絶対に行かないようなコアな札幌をリクエストしたところ、なんともハードルの高いお店を紹介してくれました。

その名も「161倉庫・モリモ亭」です。

正式名称は「161倉庫」なのですが、名物スタッフのモリモトさんが働いていることから、オープン以来「モリモ亭」と呼ばれているそうです。店にあだ名があるなんて……楽しみではありませんか!

安くて美味いというのは調査済み。

しかし、アンダーグラウンドにも程がある外観に、恐怖すら感じます。

バンドマンが集うお店

f:id:mesitsu_lc:20151030102402j:plain

札幌といえば北海道最大の繁華街ススキノがありますが、今回はネオンにサヨナラして暗闇を進みます。途中、不安になってギターケースを抱えた青年に道を尋ねました。

「161倉庫のモリモ亭ってこっちで合っていますか?」

「北16条東1丁目ですよ」

なるほど、だから161倉庫って名前なんだね!

「モリモ亭って行ったことあります?」

「たまにバンド練習のあとに寄りますよ」

「初めて行くんだけどさ〜」

「は?マジっすか! 勇気ありますね!」

最高のリアクションをいただき、教えてもらった道を進むと、闇夜にポカンと看板を発見しました。

全身刺青のバンドマンがウロウロしているのでしょうか。

それともリーゼントか。どうであれ怖いです……。

f:id:hotpepper-gourmet:20160217182246j:plain

うわ〜、これはきついな。

映画だったら、ジャンキーな不良モヒカンが壁に寄りかかって「デヘヘ」って笑っているシーンですよ。音楽は好きなので、札幌のライブハウスはあちこち行ったことがありましたが、まさかこんな場所があったとは。知らないことはたくさんあります。

f:id:hotpepper-gourmet:20160217182058j:plain

ちょっと待って! どの店も営業していません。

いやいやいや、アンダーグラウンドすぎるでしょ!

名店っていうのは地下にある場合が多いですから、私も色々なビルに潜ってきましたが、ここまでの「不良感」は感じたことがありません。

f:id:hotpepper-gourmet:20160217182125j:plain

ここだね、「161倉庫」。

中からはバンドが演奏するドカドカした音が聞こえます。

事前の情報によりますと、ライブや練習のあとに、サクッと飲めるお店とのことですが、本当にこの扉を開けて良いのか悩みます。

f:id:mesitsu_lc:20151030102403j:plain

スペルが間違っていますし、触らないですし。

ここにきて、入りづらいお店を紹介してとお願いしたことを後悔しています。

おや……??

振り返ると、もうひとつ、謎の入口を見つけました。

f:id:hotpepper-gourmet:20160217182459j:plain

こちらもフライヤーだらけの扉。

壁に耳を近づけると、中からは……。

おお、優しいアコースティックギターの音色が聞こえます!

f:id:mesitsu_lc:20151030102401j:plain
1 2次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy