ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【画像多数】ラウンドワンでアニメ爆音&大画面上映をやってみた

7:(おまけ)実写ライブシーン

最後に、このサービスの紹介パネルに書いてあった通り、好きなアーティストのDVDを上映してみようということで、2007年に行われたライブイベント『涼宮ハルヒの激奏』((c)2006 谷川 流・いとうのいぢ/SOS団)のDVDを持ってきて上映してみました。
以下の写真はアンコールの『ハレ晴レユカイ』声優さん5人によるダンスバージョンから。

入場 歌いだし リアル聴衆 ダンス途中 キメ

アニメのエンディングと同じポーズでキメ。
所感としては、それなりに楽しめたものの、同じくライブの模様を描いたアニメの第12話『ライブアライブ』の興奮には遠く及ばなかったというのが正直なところです。
原因として、このDVDの特性になってしまうのですが、画質が荒く画像が小さいため迫力に欠けるという問題があったと思います。
画質については、もしかしたら正直にDVDを持ってきたのがよくなかったのかもしれません。もし両方持っているなら、せっかくならBlu-rayの方にしましょう。

普通のライブ映像のBlu-rayであれば、大音量大画面で、それなりに期待に見合った効果を得られるのではないかと思いました。

総評

今回の視聴によって得られた結論は以下の3点です。

1:宇宙などの殺風景な背景や群衆が中心のシーンや、迫力のある戦闘シーンが多い作品では、大画面・2画面・大音量のすべてが機能するので効果大。押しの強いギャグ作品もオススメ。
2:日常シーンや会話中心の作品だと2画面である効果が発揮されづらい(大画面・大音量の恩恵はあるので無駄ではないが)。
3:ハルヒの第12話『ライブアライブ』を見るのには最高の環境。
これらの条件に適合するアニメを大画面で楽しみたい場合は、来月以降Blu-rayを持って『ROUND1』に足を運ぶのもいいと思います。
憶測ですが『ラブライブ!』や、現在映画館にて上映中の『ガールズ&パンツァー 劇場版』なんかは相性がいいんじゃないかと思いました。

肝心のお値段は?

最後に、今回のお値段について。

レシート

ワンオーダー制なのでフライドポテト(ケチャップ付き・250円)を頼んだのですが、それも含めて2時間半遊んで、なんとたったの1970円。今回は終電を逃したくなかったので2時間半で退出しましたが、本来は最低4時間は上記価格で施設利用が可能です。さらにドリンクは飲み放題。
正直、3000円はくだらないと思っていたので、想定よりかなり安かったです。
低価格で1人で、または3、4人で集まって「アニメ見ようぜ!」と遊ぶのに適した、新しいタイプのエンターテインメントだなと感じました。

□サービス情報
[先行予約受付中!]
3月1日にDVD / ブルーレイ鑑賞ルームが登場!
詳細URL:http://www.round1.co.jp/service/karaoke/dualmonitor/kanshou.html

※写真はすべて記者の撮影によるものです。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: いしじまえいわ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

前のページ 1 2 3
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。