ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【タベアルキスト】湘南のグルメキーワードは「やさしさ」と「希少価値」! ~名店巡礼 湘南編~

【タベアルキスト】湘南のグルメキーワードは「やさしさ」と「希少価値」! ~名店巡礼 湘南編~ f:id:hotpepper-gourmet:20150917104402j:plain

みなさんこんにちは、メシ通レポーターのタベアルキストWakuiです。

今回も我々タベアルキストが、わざわざ食べに行く価値のある逸品を提供しているお店へ実際に訪れ、食べまくる究極の食べ歩き「名店巡礼」をお届けします。名店巡礼のセレクト店の定義やこの企画ポリシーなどは、ぜひ以前の記事をご確認ください!

~名店巡礼 湘南編~

今回の巡礼先は「湘南」を選びました。

今までの巡礼の中で一番メジャーなエリアでグルメスポットもいっぱい。湘南の持つイメージに忠実に行くならば、もちろん魚や若者向けの料理がテーマになりますが、いろいろ調べていく中で、小規模ながらもこだわりの畜産を行っている方がいることが判明。

これは是非ともいただいてみたいと、この希少なお肉をいただけるお店を軸に、テーマを「肉」に絞って、湘南エリアのお肉の美味しいお店をリストアップ。個性豊かな湘南の肉グルメ5軒が出揃いました。

1軒目:Loasi(ロアジ) 逸品:みやじ豚ロースト

f:id:hotpepper-gourmet:20160223151549j:plain

2015年11月某日、秋の気配を残す暖かな日射しが眩しい快晴。江ノ島のビーチからは富士山もくっきりと見えます。今回は4名のタベアルキストで5軒の名店を巡ります。まずは観光客で賑わう江ノ電・江ノ島駅から湘南巡礼スタートです。

江ノ島へとむかう商店街、すばな通りにある「Loasi(ロアジ)」が1軒目。2013年にお隣の腰越駅前から移転してきたという人気のイタリアンレストランで、週末は満席になってしまうと聞き、事前に予約をしての訪問です。

f:id:tabearukist:20151225190228j:plain

お目当ては「みやじ豚のロースト(2,100円)」。

柔らかく内側からパンッと張るようなお肉には、しっかりと脂が入っています。しかしその脂はしつこくなく、口に入れるとすっと溶けていきます。歯応えはありつつも、柔らかな肉の繊維がほぐれて広がり、噛む程に溶け出す脂と一体化してクリーミーな旨さが味わえます。

この「みやじ豚」は、地元藤沢市の畜産農家「宮治さん」が生産から販売までを一貫して手がける湘南のブランド豚。ストレスフリーの環境で穀類・芋類を特別に配合した餌を食べて育つこだわりの豚は、月間100頭しか販売されない希少な豚肉だそう。

「Loasi(ロアジ)」では扱い初めて9年目。シェフ自身も「みやじ豚」のファンであり、定番の食材としてお客さんからの人気も高い逸品です。

f:id:tabearukist:20151225190628j:plain

また一緒に頼んだランチコース(1,600円)では、湘南の新鮮な食材をふんだんに使った料理も楽しめます。

とくに野菜は種類も豊富で、そのどれも力強い味わい。味濃く甘さもしっかりと感じられる、みずみずしい野菜たち。前菜の盛り合わせや、食材の組み合わせが面白い日替わりのパスタなどでもたっぷりと使っています。

f:id:tabearukist:20151225190825j:plain

湘南の美味しいものをひと通り楽しめるのが、コース仕立てのレストランのいいところ!

つづいて、電車に乗って辻堂へ向かいます。

お店情報

Loasi(ロアジ)

住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸1-9-6

TEL:0466-90-3200

営業時間:ランチ 11:30~14:00、ディナー 18:00~21:00

休業日:火曜日

執筆者:Kae Suda

2軒目:bhojan(ボージャン) 逸品:ラムカバブ

f:id:tabearukist:20151225152503j:plain

2軒目は、住宅街の中に一風違った佇まいを見せる「bhojan(ボージャン)」。カレーマニアの間では有名なお店です。

1 2 3 4次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。