ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BIGBANG、91万1,000人動員のジャパンドームツアー 熱狂の東京ドームファイナル公演

BIGBANG、91万1,000人動員のジャパンドームツアー 熱狂の東京ドームファイナル公演

BIGBANGが2月24日に東京ドーム公演を行い、海外アーティスト史上初となる3年連続、かつ海外アーティスト史上最多91万1,000人動員のジャパンドームツアー「BIGBANG WORLD TOUR 2015〜2016 [MADE] IN JAPAN」のツアーファイナルを締めくくった。

5万5千人超満員のファイナル公演はスタート前から会場の熱気は最高潮。ニューアルバム「MADE SERIES」に新録日本語バージョンとして収録され、ライブのオープニングを飾った「BANG BANG BANG」から観客のボルテージはマックスに。さらに同じくニューアルバムの新曲「LOSER」・「IF YOU」も日本語で初披露し会場は興奮の渦に包まれた。各メンバーのソロステージやグループの代表曲「HaruHaru -Japanese Version-」「BAD BOY」「FANTASTIC BABY」はもちろん、会場の熱狂ぶりをさらに加速させたサプライズでのダブルアンコール「BANG BANG BANG」「BAE BAE」までも惜しみなく披露し、圧巻のパフォーマンスで約3時間全23曲のステージを駆け抜けた。

本ツアーは昨年11月12日・13日・14日・15日の東京ドーム公演4daysよりスタートし、11月20日・21日・22日京セラドーム大阪公演、11月28日・29日福岡ヤフオク!ドーム公演、12月5日・6日ナゴヤドーム公演、2016年1月9日・10日・11日京セラドーム大阪公演、追加公演2月6日・7日福岡 ヤフオク!ドーム公演、再追加公演2月23日東京ドーム、再々追加公演2月24日東京ドームファイナルの全4都市18公演。

チケットの応募総数は175万件を突破、ツアー総動員数は91万1,000人となり、自身最多動員を記録した全6都市16公演77万1千人動員の「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2013〜2014」を上回り、BIGBANG史上最多動員数記録を更新するほか、日本での1ツアーにおける海外アーティスト史上最多動員数を記録した。

上記ドームツアーは、自身3年ぶり2回目のワールドツアー「BIGBANG WORLD TOUR [MADE]」の日本公演。昨年4月の韓国・ソウル公演よりスタートしたこのワールドツアーは、韓国・日本・中国をはじめとするアジア、北米、中米、オーストラリアなど全世界13の国・地域32都市66公演148万3,000人動員(日本公演を含む)という韓国アーティスト史上最大級の規模。日本公演を締めくくった今後は、3月4日・5日・6日の韓国・ソウルでのワールドツアーファイナル公演を残すのみとなっている。

BIGBANGメンバー自身もトータルプロデュースを務めたこの「BIGBANG WORLD TOUR [MADE]」には、世界的に活躍するワールドクラスのスタッフが集結。「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2014〜2015 “X”」の舞台照明デザインはもちろん、これまでにポール・マッカートニー、ビヨンセ、レディ・ガガ、リアーナなどのコンサートステージをデザインした、リ・ロイ・ベネット(LeRoy Bennet)がクリエイティブディレクターを、またビヨンセのビデオグラファーとして活躍しているエド・バーク(Ed Burke)も共同クリエイティブディレクターを担当した。

ここにBIGBANG初のワールドツアーから最新の日本ドームツアーまで、BIGBANGと共に完璧なステージングを見せたギル・スミス II(Gil Smith II)が音楽監督に、そしてこのほかにもカニエ・ウェスト、ビヨンセ、マドンナなどの多数のMVを制作したプロデューサー、ジョナサン・リア(Jonathan Lia)を含む100人以上のアメリカ制作陣が参加して制作されたオープニング・エンディング・幕間のムービー映像もワールドツアーの規模と感動を倍増させた。

さらにこのツアーファイナル2月24日同日には、早くも「BIGBANG WORLD TOUR 2015〜2016 [MADE] IN JAPAN」のLIVE DVD & Blu-rayがリリースとなり、オリコンデイリーDVD総合ランキング(2月23日付)初登場1位スタートを記録した。

本作品には、5万5千人超満員の11月14日東京ドーム公演を完全収録したLIVE本編(157分)の他、ファン投票でセットリストを決定し全国の映画館で上映された劇場限定プレミアムライブ「BIGBANG;BEST LIVE SELECTION 2012-2015」(76分)を収録。初回生産限定となる豪華フォトブック付きSPECIAL BOX仕様のDELUXE EDITIONには、上記コンテンツのほか、ツアー各公演名珍場面集「SPECIAL FEATURES」・各公演のLIVE映像で特別編集した「COLLECTION OF BEST MOMENTS」6曲・マルチアングル映像4曲(計146分)、2枚組みLIVE CD全21曲までもパッケージングされている。

ワールドツアー終了後には、約2年ぶりとなる日本ファンクラブイベント「BIGBANG FANCLUB EVENT 〜FANTASTIC BABYS 2016〜」開催も決定。このファンクラブイベントツアーは4月22日・23日・24日兵庫・神戸ワールド記念ホール3daysよりスタートとなり、4月27日マリンメッセ福岡、4月29日・30日・5月1日愛知・日本ガイシホール、5月3日・4日・5日千葉・幕張メッセイベントホール、5月14日・15日千葉・幕張メッセ展示ホール、5月27日・28日・29日兵庫・神戸ワールド記念ホールへと続く、全4都市27公演のアリーナツアーとして開催される。ツアーでのステージパフォーマンスとはまた一味違ったBIGBANGの魅力を堪能できそうだ。

このファンクラブイベントのチケット先行抽選予約受付は、BIGBANGオフィシャルファンクラブ「VIP JAPAN」に2月29日23:59までに入会すると申し込み可能とのこと。

関連リンク

BIGBANG オフィシャルサイト:http://ygex.jp/bigbang/
BIGBANG オフィシャルファンクラブ「VIP JAPAN」:http://fc.avex.jp/vip/
BIGBANG オフィシャルモバイルサイト「BIGBANG☆WORLD」http://bigbang-world.com/ (スマートフォン)
■BIGBANG オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/ygbigbang/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。