ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドイツでおでんを作ってみました

ドイツでおでんを作ってみました

ああ、寒い……。

f:id:Meshi2_Writer:20151113084330j:plain

はじめまして、溝口シュテルツ真帆と申します。

ドイツはミュンヘンに嫁いで、はや1年半。

こちらは長くて暗~い冬が……まだまだ続いています。

外国暮らしをしていたって、体は純・日本製です。

日に日に恋しくなるのが、日本のたべもの。

そう、この寒さをいやしてくれるような、あったかいたべもの。

おでんが……!

おでんが恋しい……!

そう、日に日に恋しくなるもの、それは「あったかいおでん」なんです!

f:id:Meshi2_Writer:20151113085910j:plain

※こころのイメージ。もちろんドイツではそう簡単に食べられません

そうだ……考えてみれば、ドイツにだっておでんに入ってるような野菜はある。

それにソーセージといえば、こっちが本場。

つくねの代わりになりそうなアレや、ちくわぶっぽいアレもあるじゃないの。

これ、もしかしていけるんじゃない?

そう、今回の記事のテーマは「ドイツでおでん」、これです。

わたし、作ってみせますとも!!

そもそもおでんの作り方がわからない

しかし、はじめから根幹をゆるがす大問題が。

わたし、食べるのは大好きなんですが、料理となると……まだまだ新米主婦。エヘッ

日本にいたころは「月に1度料理すればよいほう」でした。

冷蔵庫はいつでもすっからかん。

あ、コンロの上にずっと観葉植物を置いてたこともあったな……。

そう、それを見て昔の彼があきれてそのあとケンカになって……アハハ。

はい。

おでんなんて作ったことないんです!!

そして嫁いでみたら、ドイツは「料理しない派」には天国のようなところでした。

なんていうか……みんな、シンプルライフ? というか粗食?

冗談じゃなくてうちの夫、そしてうちの夫の家族、

みなさん「ハム・チーズ・パン」があれば満足なんです。

ええ、毎日でも。

これ誇張なしです!そんなこんなで1年半……。

まず、手っ取り早く日本の母親に聞きました。

一番の決め手はやっぱり、だし!

私は昆布だしのみで、鰹節は使いません

ふむふむ、なるほど。で?

味つけはしょうゆ、濃口は味が出すぎるので、薄口で。

お酒を少々。うどんつゆの素とか、鶏ガラスープの素を足してOK。

最後に味見をして、物足りなければ塩で味を調えてね

薄口しょうゆと、うどんのつゆや和風スープの素は自宅にない。

あるのは濃口しょうゆと料理酒(清水の舞台から飛び降りるつもりでドイツで買いました。たっかいんですよこっちだと!)、そしてだし昆布と鶏ガラスープの素は日本から持ち込んでたはず。

よし、これでだしはなんとかなりそう。

f:id:Meshi2_Writer:20151113090048j:plain

注:ここは本当にドイツです

おでん食材を求めていざ、ミュンヘンの街へ!

ミュンヘンにも日本食品専門店はありますが、価格は日本の数倍はあたりまえ。

せっかくですし、具は土地のものだけで挑戦です。

まずはミュンヘンで最もにぎわう市場、ヴィクトアーリエンマルクトへ!

f:id:Meshi2_Writer:20151113090128j:plain

「ヴィクトアーリエン」って、古いドイツ語で「備蓄食糧」という意味だそう。

上の写真に写っている手前のとんがった野菜、なんだかわかりますか?

これ、キャベツなんです。丸いキャベツより、柔らかくておいしいんですよ。

ロールキャベツやスープの具材、あるいはサラダにしたり。

ちなみに、ドイツ料理として有名なザワークラウトですが、最近は自宅で手作りする人って、こちらでもほとんどいないそう。手間のかかるものだそうです。

f:id:Meshi2_IB:20160217102504j:plain

市場のすぐそばには、精肉店が軒を連ねる通りがあります。

f:id:Meshi2_Writer:20151113090250j:plain
1 2 3 4 5次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy