ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブラジルが最も愛した建築家「リナ・ボ・バルディ展」、日本初の大規模展が開催中

ブラジルが最も愛した建築家「リナ・ボ・バルディ展」、日本初の大規模展が開催中 Lina-Bo-Bardi_001 サンパウロ美術館 (Nelson Kon撮影)

ワタリウム美術館にて3月27日まで

2016年3月27日(日)まで、東京・原宿の「ワタリウム美術館」にて「ブラジルが最も愛した建築家 リナ・ボ・バルディ展」が開催されています。

日本で初めてのLina Bo Bardi(リナ・ボ・バルディ)の大規模展。リナは1914年、イタリア・ローマに生まれ、ローマ大学で建築学を修めるとミラノに移りジオ・ポンティのスタジオでインテリアデザインやイラストの仕事に取り組みました。終戦後は敗戦したイタリアを離れてブラジル・リオデジャネイロに移り、数々の建築を手がけたほか、工芸品の展覧会開催や新しい都市計画の提案など生涯を通して精力的に活動しました。

代表作は、南半球最大の都市サン・パウロのランドマーク「サンパウロ美術館」(通称、MASP)。4本の赤い柱と2本の大きな梁によるダイナミックな構造が特徴です。

展示ではサンパウロ美術館のほか、リナがブラジルで最初に設計した「ガラスの家」、リナが手がけた最大のブロジェクト「SESCポンペイア、カルチャー&スポーツセンター」、ミニマルなディティールと自然主義が融合した美しい教会「サンタ・マリア・ドス・アンジョス教会」などを模型やスケッチ、リナが手がけた家具や当時の資料を交えながら詳しく紹介。

そのほか会場には南米の植物や、ブラジルの赤い土、「ガラスの家」と同じガラスタイルを貼り付けるなど工夫が凝らされ、現地の雰囲気を味わえるようになっています。

イタリア仕込みのモダニズム建築と、ブラジルならではの自然のダイナミズムを融合させたリナの建築は今なお現地で愛され続けています。多くの名建築家を輩出してきたブラジル。リナはその建築史を語る上で欠かせない人物と言えるでしょう。日本でじっくりとリナの仕事を見ることのできる本展、ぜひ足を運んでみてください。

Lina-Bo-Bardi_002 自邸、ガラスの家

撮影:Markus Lanz

Lina-Bo-Bardi_003 会場風景

撮影:岡倉禎志

Lina-Bo-Bardi_004 会場風景

撮影:岡倉禎志

Lina-Bo-Bardi_009 会場風景

撮影:岡倉禎志

ブラジルが最も愛した建築家 リナ・ボ・バルディ展

会期:2015年12月4日(金)~2016年3月27日(日) 11:00~19:00 (水曜~21:00) ※月曜休館(3/21は開館)

入館料:大人1000円 / 学生(25歳以下) 800円

会場:ワタリウム美術館/東京都渋谷区神宮前3-7-6

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事リンク(外部サイト)

マルニ木工の歴史と代表作を振り返る企画展「マルニ木工展」開催
革のプロが実践しながら伝授! 原宿で革ソファのメンテナンス教室
横浜初上陸!ビームスプラネッツ 横浜にBRICK & MORTAR登場

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。