ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『アリス・イン・ワンダーランド』続編、新予告映像でピンクがジェファーソン・エアプレインの曲をカバー

映画『アリス・イン・ワンダーランド』の続編『Alice Through the Looking Glass(原題)』の新しい予告映像に登場したアリスを、誰もが心待ちにしている。

2月15日(現地時間)、米テレビ局CBSでの第58回グラミー賞授賞式の中継放送中に、同作の新予告映像がテレビで初披露された。2010年に公開された『アリス・イン・ワンダーランド』の続編は、ミア・ワシコウスカ演じるアリスが不思議な国に戻り、ジョニー・デップ演じるマッドハッターを救うために過去に戻るストーリーとなる。デップは、グラミー賞授賞式で、自身のバンドであるハリウッド・ヴァンパイアーズのパフォーマンスを披露した。

続編でのアリスの新しいミッションは、タイム(サシャ・バロン・コーエン)の大型時計の中にある金属の球体クロノスフィアを借りることだ。アリスは、前作に続き、白うさぎ(マイケル・シーン)、チェシャ猫(スティーヴン・フライ)、白の女王(アン・ハサウェイ)、芋虫のアブソレム(アラン・リックマン)と再会し、新たにマッドハッターの父親ザニック・ハイトップ(リス・エヴァンス)らの新しいキャラクターにも出会う。

ヘレナ・ボナム=カーター、マット・ルーカス、ティモシー・スポールも続編に戻ってくる。続編は、ジェイムス・ボビンが監督を務める。ティム・バートン監督による前作は、米国内の興行収入3億3420万ドル、さらに全世界では10億ドル以上を稼ぐ大ヒット映画となった。

続編『Alice Through the Looking Glass(原題)』では、ピンクが、ジェファーソン・エアプレインの楽曲『ホワイト・ラビット』をカバーしている。またピンクは、同作のために、ダニー・エルフマンによる映画音楽をフィーチャーしたオリジナルの楽曲も作曲し、レコーディングを行っている。

ピンクは、「これまでの人生で行ってきたことの中で、もっとも興奮することの一つだわ」と、この有名な楽曲(『ホワイト・ラビット』)をレコーディングする様子を収録した映像(下記)で語っている。

『Alice Through the Looking Glass(原題)』は、5月27日に米劇場公開となる。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。