ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【関東・東北】2/22はおでんの日!じゅわっと体に染みる♡美味しいご当地おでんのお店8選

【関東・東北】2/22はおでんの日!じゅわっと体に染みる♡美味しいご当地おでんのお店8選 三河屋

冬ならではの定番料理、美味しいご当地おでんのお店8選を紹介しています。牛すじ肉のスープをつぎ足すおでんや、ネギダレをたっぷりかけていただくおでんなど、そのお店ならではの特徴をもったおでんばかりです。こちらで紹介している、近くのお店にお友達を誘って、お酒と一緒に楽しみにでかけてみませんか?

1.三河屋

屋台からスタートした老舗で美味しいおでんを頂こう。

三河屋

黒いスープでコトコト煮込む静岡市民のソウルフード

三河屋 三河屋 おでんはベストの状態を保つよう常に煮加減に気を配ってます。スープは牛すじの旨みたっぷり!

店主/木口さん

三河屋

ご当地ダネ

三河屋 黒はんぺん

静岡ではんぺんと言えばコレを指すほどポピュラー。魚を丸ごと骨まで練り込むため、カルシウムなど栄養も豊富(120円)

三河屋 信田巻き

白い練り物を薄い油揚げでくるりと巻いたもの。油揚げからジュワリとスープが溢れだす瞬間がたまらない(ロング250円)

三河屋

牛すじ

プルン&コリッとした食感で人気の牛すじ。おいしいだけでなく、スープにコクを与える大切な出汁にもなる(200円)

おすすめ地酒

三河屋 臥龍梅

静岡市清水区の地酒。米の旨味を感じさせつつ、キリッと辛口なので飲み飽きない。燗にするとふくよかな味に。

三河屋 萩錦

静岡市駿河区の地酒。限定品のしぼりたて生原酒は濃厚で飲みごたえあり。冷やでじっくりと味わいたい旨口の酒だ。

長年つぎ足されただし汁により褐色になったスープで、串刺しにしたタネを煮こむのが静岡おでんの一般的なスタイルです。

今も子どもたちは駄菓子屋で、おやつ代わりにおでんを頬張る。大人は「青葉横丁」や「青葉おでん街」などの飲み屋街へ。老舗の「三河屋」はまるで屋台のような雰囲気です。牛すじ肉のスープをつぎ足すおでん100円~は静岡流の伝統を受け継ぐ味です。揚げ物&焼き物も人気です。 三河屋

TEL/054-253-3836

住所/静岡県静岡市葵区常磐町1-8-7

営業時間/17時~22時

定休日/日月(毎月2回。日月の連休あり)

「三河屋」の詳細はこちら

2.幸多路

カツオ&昆布出汁の上品な味で勝負したおでん。

幸多路 おでんは醤油を控えめにして優しい味に仕立てています。海外からのお客様もお見えになりますよ。

女将/黒田さん

幸多路

ここで、静岡おでん五箇条をご紹介しましょう!

一 . タネとして黒はんぺんが入っている

二 . 長年つぎ足したスープが黒い

三 . タネがひとつひとつ串に刺してある

四 . イワシやカツオを粉末にしただし粉や青のりをかける

五 . 駄菓子屋から居酒屋まで取り扱いは広範囲

この五箇条、静岡住民じゃない方は、なじみがないおでん文化かもしれません。

こちら幸多路さんは、青葉おでん街にあるお店です。定番のだし粉と青のりのほか、自家製の味噌ダレも用意しています。ふわ(牛の肺)など珍しいおでんダネもあるので挑戦してみてください。 幸多路(こうたろう)

TEL/090-3388-3306

住所/静岡県静岡市葵区常磐町2-3-6

営業時間/17時~不定

定休日/水

「幸多路」の詳細はこちら

3.小田原 魚河岸 でん

かまぼこ店のアイデアが光る豊富なおでんダネの競演。

小田原 魚河岸 でん
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。