ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ユーザーの銀行口座やクレジットカード情報を盗み取るAndroidを標的にしたマルウェア「Xbot」が発見される

スマートフォンユーザーの銀行口座やクレジットカードの情報、個人情報などを盗みとる Android を標的にした新たなマルウェア「Xbot」を発見したと Palo Alto Networks が報告しています。Xbot はアクティビティハイジャック(activity hijacking)と呼ばれる手法を用いて、偽の WEB ページを読みこませ、ユーザーが入力したカード情報やログイン情報を盗み取るマルウェアです。Xbot に感染したアプリをインストールしてしまうと、Xbot がユーザーの知らない間に端末をモニタリングするようになり、ユーザーが特定のアプリ(銀行アプリなど)を起動すると、偽のログインページを画面に表示して入力されたデータをネット経由でハッカーに送信するというのです。ただ、現時点で Xbot が読み込むログイン画面は、オーストラリアとロシアの銀行などに限られているらしく、決済系アプリに限っては国内への影響はほとんど無いと思われます。Xbot はこれだけではなく、ユーザーが端末の機能にアクセス出来ないように細工して金銭と引き換えに制限を解除するランサムウェアとしても働くので厄介です。同社は、Xbot の拡散度合いを不明としていますが、インターネット上の様々なところで配布されているアプリで発見したと述べています。とりあえず、マルウェアのチェックを定期的に行う、野良アプリをインストールするときには注意する、銀行系アプリをなるべく使わない、といった対策が有効だと思います。Source : Palo Alto Networks

■関連記事
Android Nでアプリドロワーが無くなる?
Xiaomi Mi 5の実機写真がまた出回る、北京とバロセロナで同時発表か?
Android版OneDriveがv3.9にアップデート、SDカードや複数フォルダの写真・動画の自動バックアップが可能に

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。