ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

快適?過酷?世界中で水上・船上生活をしている人々

世界は広いもので私たちがまだまだ知らない世界というものが数多く存在しています。その中でも聞いたことはあるけれども、実際に見たことが無いというのが生活のすべてを水の上で暮らしているという人たちです。

水上生活というと私たちは、どこか南国のリゾートで悠々自適に生活している人たちの事を思い浮かべてしまうのですが、実際の水上生活を営んでいる人々はそれほど気楽なものではないようです。

そこで、今回は世界に存在している水上生活をしている民族や集落についてご紹介したいと思います。

 

トンレサップ湖(カンボジア)

トンレサップ湖

photo by shutterstock

カンボジアにあるトンレサップ湖という湖は、大きさとしては日本の琵琶湖の約18倍というかなりの広さの湖です。首都のシェリムアップからおよそ車で30分ほどで到着できる場所にあります。

1年のうちのほとんどは全体にわたって推進1mほどの非常に浅い湖ですが、夏季にはモンスーンの影響で推進が9mにもなるユニークな湖です。

この湖は世界最大の水上生活者が住んでいる湖で1ブロックで1万人住んでおり、100ブロック以上の地区に分かれています。時にはタライで移動する子供もいるそうで、見た目は一寸法師のようです。

 

カントー(ベトナム)

kanto

photo by mastermaq

ベトナムのメコン川の支流にあるカントーにも水上生活者が多く暮らしています。特にこの町は水上マーケットとして機能していて、観光地的な扱いを受けているので、海外から訪れる観光客も非常に多いです。

水上マーケットは早朝から始まっており、お昼ごろには徐々に船も減ってくるので、水上マーケットに興味のある人は、早朝の5時から8時ごろに行くことをオススメします。

 

チャウドック(ベトナム)

chaudoc

photo by dalbera

チャウドックもベトナムにある水上生活者が暮らす集落です。こちらもメコン川の支流に位置していますが、場所としてはカンボジアの国境にかなり近い位置にあります。

現地にはチャム族というイスラム系の民族が暮らしていて、主な彼らの収入源は漁業です。その他にも、彼ら自慢の小さな船を貸し切ってのクルーズ観光をすることができ、こちらは海外の観光客からも人気のアクティビティになっています。

 

ボルネオ島のバジャウ族(マレーシア)

bajau

photo by Education Projects for Children in Sabah 

バジャウ族はもともと、フィリピンで暮らしていたイスラム系の民族ですが、約200年ほど前に、フィリピンからこのマレーシアのボルネオ島に移住してきました。

フィリピンにいた時からスルー諸島で水上生活を営んでおり、このボルネオ島に移住してからも水上生活をメインとしていました。

最近では、徐々に陸上生活者も増えてきてはいますが、それでも水上生活を好んでいる人が多いことで有名です。

 

インレー湖のインダー族(ミャンマー)

inre

photo by paularps

ミャンマーのインレー湖というと首長族を真っ先にイメージしてしまいますが、こちらにはインダー族という水上生活を営んでいる民族がいます。こちらの水上生活をしている人の大きな特徴は、変わった船の操船をすることです。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。