ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1泊3,000円から。日本文化の“心地よさ”を伝えるホステルが、浅草にオープン!

去る2015年12月14日に浅草にオープンした「BUNKA HOSTEL TOKYO」は、築30年の商業ビルをリノベーションしたホステル。日本の暮らしの中でふと感じる「心地よさ」や「清潔感」といった要素に重点を置き、そこから自然に感じられる「日本らしさ」をコンセプトに据えているようなのですが…果たして、どのような施設なのでしょうか?

伝えたいのは
“心地よさの感覚”
【1階 居酒屋 ブンカ】

1泊3,000円から。日本文化の“心地よさ”を伝えるホステルが、浅草にオープン!

Photo by Shiori Kawamoto

1泊3,000円から。日本文化の“心地よさ”を伝えるホステルが、浅草にオープン!

Photo by Shiori Kawamoto

施設の顔となる1階は、まちに開かれた「居酒屋ブンカ」。宿泊客でなくても気軽に利用できるため、さまざまなヒト・モノ・コトが集う、浅草の新たなコミュニケーションの場として期待されています。

【バンクベッド】
(3,000円〜)

1泊3,000円から。日本文化の“心地よさ”を伝えるホステルが、浅草にオープン!

Photo by Shiori Kawamoto

ここからは、宿泊環境をご紹介。まずは2段ベッドのドミトリールーム。リーズナブルでありながらも快適な空間を提供するため、上下段の方向を90度回転させているのが特徴です。加えて、入口の向きを変えることでプライバシー性の高い空間も確保。

【シングルベッド】
(5,000円〜)

1泊3,000円から。日本文化の“心地よさ”を伝えるホステルが、浅草にオープン!

Photo by Shiori Kawamoto

天井が高くゆったりとした1段ベッドのドミトリールーム。横幅100cm・奥行き195cm・高さ184cmの空間は、出張中のビジネスマンでも快適に利用できるはず。

【ファミリールーム】
(16,800円〜)

1泊3,000円から。日本文化の“心地よさ”を伝えるホステルが、浅草にオープン!

Photo by Shiori Kawamoto

最大4名まで利用可能な、トイレやシャワーを備えた個室タイプ。最上階である7階に位置しており、客室からは東京スカイツリーや浅草寺五重塔だって望めるのだとか!

7階(最上階)
【コモンダイニング】

1泊3,000円から。日本文化の“心地よさ”を伝えるホステルが、浅草にオープン!

Photo by Shiori Kawamoto

ここは宿泊者が自由に利用できる共用スペース。冷蔵庫や電子レンジ、トースター、ポットなどを備えているため、簡単な食事も可能です。

1泊3,000円から。日本文化の“心地よさ”を伝えるホステルが、浅草にオープン!

Photo by Shiori Kawamoto

オープンにあたって「BUNKA HOSTEL TOKYO」からは、こんなメッセージが。

「日本に暮らす私たちの間で暗黙のうちに共有されている、心地よさの感覚。それが、私たちがお伝えしたい快適さです」

小ぶりながらも配慮のある2段ベッドや縁側のように緩やかに外とつながった居酒屋、ミニマルかつ体が悦ぶ食事…これらを通して“現代の日本らしさ”がどれだけ外国人観光客に伝わるのかーー。その挑戦に期待しましょう!

1泊3,000円から。日本文化の“心地よさ”を伝えるホステルが、浅草にオープン!

Photo by Shiori Kawamoto

Licensed material used with permission by BUNKA HOSTEL

関連記事リンク(外部サイト)

NY育ちの女子大生が、イギリスの片田舎に留学して手に入れたモノ
和のアートで溢れる「パークホテル東京」に泊まりたい!
CMのように、車で砂浜を走れる「千里浜なぎさドライブウェイ」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。