ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界初のアルネ・ヤコブセン専門店がオープン! 実孫がプロデュース

世界初のアルネ・ヤコブセン専門店がオープン! 実孫がプロデュース house-of-tobias-jacobsen_001

大阪府池田市に世界初となるArne Jacobsen(アルネ・ヤコブセン)作品の専門店「HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN(ハウス オブ トビヤス ヤコブセン)」がオープンしました。

ハウス オブ トビヤス ヤコブセンは、アルネ・ヤコブセンの孫で、自身もデザイナーとして活躍するTobias Jacobsen(トビヤス・ヤコブセン)氏がプロデュースするインテリアショップ。店内には家具、小物、テキスタイルなどアルネ・ヤコブセンがデザインしたプロダクトがブランドの垣根を越えて揃います。

昭和初期に建てられた洋裁学校だったという店舗は、キッチン、リビングなど居住空間をイメージした設えにリノベーション。シーンごとにコーディネート提案を行っています。

トビヤス氏自身も「デンマークのサマーハウスのよう」と語る本店。他に類を見ない、ヤコブセン作品のラインナップはもちろん、友人の家をふらりと訪れたかのような心地よさも魅力です。

アクセスは阪急宝塚線池田駅から徒歩5分。世界からも注目が集まるハウス オブ トビヤス ヤコブセンにぜひ足を運んでみてください。

house-of-tobias-jacobsen_002 店舗外観。白い外壁と前庭の植栽が目印です。 house-of-tobias-jacobsen_003 ヤコブセンがデザインした椅子を一通り見ることができます。 house-of-tobias-jacobsen_004

セブンチェアもずらり。

house-of-tobias-jacobsen_005 こちらは書斎の設え。 house-of-tobias-jacobsen_006 キッチンは清潔感のある白でまとめられています。 house-of-tobias-jacobsen_007 小物類も充実。 house-of-tobias-jacobsen_008 プロダクトデザイナー・TOBIAS JACOBSEN(トビヤス・ヤコブセン)。祖父でありデニッシュデザインの巨匠でもあるアルネ・ヤコブセンのスタイルを受け継いだ機能的でシンプルなデザインを得意とし、これまで数多くの家具、キッチン・インテリア用品のデザインを手がけてきました。彼のモットーは「無理のない、心地よいデザイン」。アルネ・ヤコブセンの知られざるストーリーをより多くの人に伝えながら、自らのデザイン活動を通して受け継いだ考えをカタチにしていきます。

HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN(ハウス オブ トビヤス ヤコブセン)

営業時間:11:00~19:00 ※火曜定休

住所:大阪府池田市城南3-6-16

電話:072-752-5577

詳細:http://www.republicstore-keizo.com/hotj/

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事リンク(外部サイト)

横浜初上陸!ビームスプラネッツ 横浜にBRICK & MORTAR登場
ザ・コンランショップが伊勢丹新宿店にオープン!
ウルトラ怪獣の皮膚がバッグに!? 表参道で中古おもちゃが生まれ変わったアクセサリー展

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。