ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 【独占映像】『キングスマン』の“スパイガジェット”がカッコ良すぎる! マシュー監督の美術へのこだわり
  • ベネディクト・カンバーバッチ、絵本『いじわるグリンチのクリスマス』のアニメ映画にグリンチの声で出演
  • 映画『スター・ウォーズ』エピソード8のタイトルが決定
  • 【独占記事】ミシェル・ウィリアムズ、ショーン・ダーキン監督のジャニス・ジョプリン自伝映画に出演交渉中
  • 映画ならではの“驚き”と“興奮”を体験せよ! この秋劇場で観るべき映画4選
  • 劇場版『魔法少女まどか☆マギカ』の特典フィルムが108万で落札される! フィルムとしては過去最高の値
  • 『スパイダーマン ホームカミング』の続編、前作のトーンを踏襲するためすべてのクリエイティブ要素を維持へ
  • 映画『Deadpool 2(原題)』、ジョシュ・ブローリンがケーブル役で出演へ
  • 映画『SING/シング』続編、2020年のクリスマスに公開決定
  • 隠れミッキーに隠れオラフ!? 『アナと雪の女王』に隠されたディズニーならではの小ネタに注目[オタ女]
  • 【生放送予告】6月公開の邦画が面白過ぎる件/『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の見所紹介
  • 『テッド』監督の最新作は西部劇! 有吉弘行吹き替え版のテッドがお届けするルール無用な予告編が公開
  • 5月16日は「旅の日」珍道中のち感動の『30年後の同窓会』ほか“おっさんロードームービー”を楽しもう
  • 『ゴーン・ガール』観たぞ! デヴィッド・フィンチャー最新作は笑っちゃうほどの“胸糞”展開[映画レビュー]
  • 皮肉・涙・笑い全てが一流の演出! 映画『レッド・ファミリー』のベテラン名脇役に注目
  • 実写映画『くるみ割り人形と秘密の王国』が今秋公開! 解禁第一弾ポスターだけで傑作認定レベル

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ももクロ 3年ぶり新作3rdアルバムは日本のアイドルが辿り着ける極点のひとつ(Album Review)

ももクロ 3年ぶり新作3rdアルバムは日本のアイドルが辿り着ける極点のひとつ(Album Review)

 ももいろクローバーZにとって約3年ぶりのオリジナルアルバム。2枚同時リリースの片翼にして“3rd ALBUM”と位置づけられているが、本作は日本のアイドルが辿り着ける極点のひとつと言っても過言ではないだろう。

ももクロ キュートな写真一覧

 “起きて見る夢”をコンセプトに、そのほとんどを生音でアレンジしてエモーション、エネルギーを凝縮させた14曲を収録。

 まずはゴールデンボンバーの編曲でも知られるtatsuoが、プロローグから連なってショッキングなピアノロックを響かせる「WE ARE BORN」のスケール感に驚かされる。両作通じて唯一、作詞に“ももいろクローバーZ”がクレジットされている「勝手に君に」は、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手の登場曲としても有名だ。なんだかんだ結局この曲が一番グッとくるような気もして、5人の成長にしみじみしたり。

 自身もアイドルをやっている清 竜人の豊潤な才気があふれた「デモンストレーション」は、両作通じて1、2を争う名曲。アイドルフェス等でドルヲタを次々にKOしてきた彼のバリバリの現場感が頼もしく、あの「未来へススメ!」との対比でニヤリとさせられる歌詞も素晴らしい。

 中島みゆきが手がけた「泣いてもいいんだよ」の神々しいほど圧倒的な歌詞とメロディは、これからのクリエイターからすれば最高の参考書になるだろう。「バイバイでさようなら」で今最もクールでイケてるバンド GEEKSのエンドウ.が会心のホームラン級の天才手腕を発揮している点も、ロックファンには嬉しいところ。そしてやくしまるえつこのイノセンスが胸を打つ「HAPPY Re:BIRTHDAY」の頃には、思わず涙腺もゆるゆるだ。

 他にも、自身らのアレコレすら題材にしちゃう前山田健一の秀逸さや、さだまさしがさだまさしだった名バラードなどなど……、挙げ出したらキリがない高純度の熱量と怒涛のラッシュっぷりはまさにももクロ。あの頃と変わらないチャレンジ精神を胸に、全速力で駆け抜けていく5人の姿が脳裏に浮かんで、古いファンには感動的でもあるだろう。

 でもでもやっぱり2013年の衝撃作「GOUNN」は入れて欲しかったな……なんて思いも残しつつ、飽くなき挑戦心で脅威のサウンドプロダクションを実現させた本作は音楽のある極点であり、ももクロが開拓した前人未到の新境地だ。

Text:杉岡祐樹

◎3rdアルバム『AMARANTHUS(ヨミ:アマランサス)』
2016/2/17 RELEASE
[初回限定盤(CD+Blu-ray)]
KICS-93308 3800円+税
[通常盤(CD Only)]
KICS-3308 2800円+税

関連記事リンク(外部サイト)

ももいろクローバーZ 3rd/4thアルバム試聴映像に落語家 林家木久扇が登場
ももいろクローバーZ 3rd/4thアルバム試聴映像に東京03飯塚悟志が登場
ももクロが“初挑戦”をアピ-ル 新アルバムには「ネガティブな一面も」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。