ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【タベアルキスト】高崎のグルメキーワードは「麺」と「近所に欲しくなる店」! ~名店巡礼 群馬・高崎編~

【タベアルキスト】高崎のグルメキーワードは「麺」と「近所に欲しくなる店」! ~名店巡礼 群馬・高崎編~ f:id:hotpepper-gourmet:20150917104402j:plain

みなさんこんにちは、メシ通レポーターのタベアルキストWakuiです。

今回も我々タベアルキストが、わざわざ食べに行く価値のある逸品を提供しているお店へ実際に訪れ、食べまくる究極の食べ歩き「名店巡礼」をお届けします。

名店巡礼のセレクト店の定義やこの企画ポリシーなどは、ぜひ以前の記事をご確認ください!

~名店巡礼 高崎編~

第3回目の巡礼先は「高崎」を選びました。

高崎市が「パスタのまち」なのをご存知ですか?人口当たりのパスタ店の数が多く、消費量も多い高崎市*。「キングオブパスタ」というご当地グルメイベントも開催されるほど。

美味しいパスタが食べたいな、なんて調べていると、どうやら群馬県は全国有数の小麦の産地で、小麦粉を使ったお料理が深く根付いているようでした。

それならば美味しい麺を食べに行こう!とターゲットを「麺」に絞り、西毛と呼ばれる高崎市を中心とした県西部エリアへ2週にわたって足を運んで、ジャンルの違う5軒をセレクト。

遠方から足を運ぶファンもいるという、コアなファンが付いている名店をラインナップしてみました。

*出典)本場より美味しい?イタリア料理店が多いのは【全国ランキング】-タウンページデータベース

1軒目:みやご食堂 逸品:中華そば

2015年10月某日、「今日は冷え込む」といわれている日に3回目の巡礼の地・高崎へやってきました。

今回も3名のタベアルキストで5軒の名店を巡ります。はじめに降り立ったのはJR八高線群馬藤岡駅。1時間に1本くらいしか電車がこないローカル駅からスタートです。

f:id:tabearukist:20151124001358j:plain

一見、町場のラーメン屋ながら奥深い中華そばの味わえる名店「みやご食堂」。

群馬藤岡駅から歩いて10分ほど。開店時間の11時に合わせて行ったら、同じように開店を待つお客さんがちらほら。暖簾がかかってから10分ほどで、店内はあっという間に満席になってしまうほどの人気です。

f:id:tabearukist:20151124001048j:plain

【中華そば 600円】

少し早いお昼は、ラーメンからはじめましょう。

藤岡には、「藤岡ラーメン」というご当地ラーメンがあります。鶏ガラベースの醤油味のスープに太縮れ麺が特徴で、具材などはお店によって異なるようです。ここ「みやご食堂」も、その「藤岡ラーメン」がいただけるお店のひとつです。

f:id:tabearukist:20151124001132j:plain

太く縮れた麺は手打ちの自家製麺。

孟宗竹で全身を使って、2時間かけて麺を打つそう。プツッと切れる歯応えにしっかりとしたコシ、それに小麦の香り。丹念に打った麺はどんぶりの中でスープを吸って、その麺をすすり上げれば今度は絡め取ったスープの香りが広がります。

f:id:tabearukist:20151124001230j:plain

そのスープは、見るからに手間がかかっていそうな、透き通る黄金色。

動物系スープの甘さと、煮干しのほんのりとした苦みが広がって、奥行きのあるうまみが感じられます。さらにガツンと醤油が効いていて、麺の存在感に負けない力強さを感じます。

麺、スープ切れで終了となるため、早い時間の訪問をオススメします。

お店情報

みやご食堂

群馬県藤岡市藤岡230

TEL:0274-22-0636

営業時間:11:00〜15:00(麺、スープ終了次第閉店)

休業日:年中無休(臨時休業あり)

http://miyago-syokudou.town-j.com/

執筆者:Kae Suda

2軒目:あんかけ焼きそば 富ちゃん 逸品:薬膳海鮮あんかけ焼そば

f:id:tabearukist:20151123131424j:plain

続いての2軒目はJR信越本線安中駅から約2.5km、住宅街の中にある「あんかけ焼きそば 富ちゃん」。

1 2 3 4次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy