ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ハリー・ポッター』の新刊が今夏に出版へ

Harry Potter and the Cursed Child

人気脚本家兼劇作家ジャック・ソーンのこれから開幕する舞台公演『Harry Potter and the Cursed Child(原題)』の脚本が、本の形態でこの7月に出版されると、教育系出版社のスカラスティックが2月10日(現地時間)に発表した。

同公演はロンドンでの上演のみが確定しており、多くのファンは、ハリー・ポッターの次章の物語を堪能する機会を持てないだろう。次章の物語は、幅広い成功をもたらしたシリーズの8作目のストーリーになるとうたわれており、舞台作品の形式となる。ハリー・ポッターの誕生日にあたる7月31日に出版される書籍『Harry Potter and the Cursed Child(原題)』は、本と電子書籍の形で出版され、幅広い読者が入手可能となる。

舞台『Harry Potter and the Cursed Child(原題)』は、2部構成で上演される。同舞台は、J・K・ローリング作『ハリー・ポッターと死の秘宝』から19年後の設定で、大人になったハリーと彼の息子アルバスの周りでのストーリーが繰り広げられる。ジェイミー・パーカーがハリー役として決定しており、ノーマ・ドゥメズウェニとポール・ソーンリーが、マーハイオニー役とロン役をそれぞれ演じる。

ソーンは、『Harry Potter and the Cursed Child(原題)』の原作を、ローリングとジョン・ティファニーと共同執筆した。ロンドンでの舞台初日は7月30日(現地時間)となる。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。