ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

計算された無造作が可愛い♪ミドルメッシーバンのヘアアレンジ

ルーズに崩したお団子アレンジ、メッシーバンで差をつける!

ルーズに崩したお団子アレンジ、メッシーバンで差をつける!

最近はセルフでもサロンでも、よくお団子アレンジを見かけます。
全国的に見ても流行っているスタイルなんだと思います!
シニヨンアレンジやバン(お団子)アレンジは、どんなシーンにも臨機応変に対応してくれますし、セルフでもできるお手軽さがあるので、人気が出るのは何となく分かる気がします!
アレンジとしての幅も広いので、サロンでも凝ったりこだわったりできるスタイルで、ヘアメイクさんの個性も多いに出せる優良アレンジだと思います。
今回はその中でもメッシーバン。
ルーズなお団子アレンジの微妙な差をご紹介したいと思います!

 

男性が可愛いと思うヘアスタイルは、計算されたアレンジだった!

男性が可愛いと思うヘアスタイルは、計算されたアレンジだった!

崩れた、または無造作な感じを表現するアレンジなのですが、計算された無造作なスタイルは、ほどよいスキを見せて女性の色気を引き立ててくれます。
また、そのゆるふわなシルエットは柔らかく、エアリーな印象を与えます。
女性の甘さと艶っぽさを同時に出せるので、大人には嬉しいアレンジです。
重要なのは位置なのです。
メッシーバンをトップの位置に持ってくると顔の印象が明るくなり、キュートでかわいらしい雰囲気がアップします。
ミドルの位置は清楚で、かわいいと綺麗の間くらいの印象を与えてくれます。
アンダーの位置は大人っぽい印象で、色気がとても出ます!!
どの位置でもポイントは顔周りのヘア。
サイドをふんわり残すことで、メッシーバンの醍醐味であるオンナ度をさり気なくアピールできます!
また、TOPバンは縦のラインを強調してくれるので、スタイルアップ効果も◎
今回はミドル~トップにかけての中間くらいの微妙な位置でのメッシーバンアレンジを!

 

メッシーバンはタイトに仕上げて女子力アップ♪

メッシーバンはタイトに仕上げて女子力アップ♪

中間くらいの位置だと、後れ毛などの処理やお団子部分の大きさや形のコントロールもしやすく、シルエットを整えやすいです。
ただ普通にメッシーバンをする場合は、どちらかというとタイトめな仕上がりがオススメです!
大きくしたい場合はウェーブなどの下地を先にしてからが◎。
ウェーブの方が後出し的にシルエットを調整できるので楽ですよ!
普通にする場合は、髪を引き出して崩していくとどんどん他の毛が出てしまって汚くなっていくので、タイトめにある程度のラインで止めることをオススメします。
ルーズの加減で雰囲気や表現が変わっているのが分かるかと思います!
前から見た時にバンが見えるか見えないかくらいのルーズさが、ミドルの位置ではオススメです。
トップやアンダーに比べ、横からのシルエットを調整してくれます。
位置や無造作加減、プラスαのアレンジでかなり多彩な表現ができますので、ぜひ皆さんチャレンジ、またはオーダーをしてみて下さい。

吉田忍

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。