体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

少しの警戒と度胸があればそれでいい!インドで超満員の鉄道を快適に楽しむ方法とは

 

幾多の旅人を魅了してきたバックパッカー憧れの地インド。

国土が広く見どころが広範囲に点在しているため鉄道を使っての旅は今や欠かせないものとなっています。

鉄道を利用することによってインドのほとんどの街を訪れることができるでしょう。しかし、日本の常識が通用しないのがインドという国。

 

英語が通じず切符の買い方がわからない、定刻になっても列車が到着しない、自分の席に既に人が座っている、挙句の果てには盗難に遭うなどインド旅で誰もがまず不安に思うのが鉄道での移動でしょう。

インドの旅を安心快適に楽しめるよう今回はインドの鉄道のスムーズな利用の仕方に焦点をあててみたいと思います。

httpswww.flickr.comphotos43423301@N075367542608sizesl

photo by Padmanaba01

 

 

列車の座席の種類と安全性

httpswww.flickr.comphotosvijay_chennupati8450090492sizesl

photo by vijay_chennupati

インドの鉄道は金額に応じて座席のランクが分かれています。高い金額を支払えばそれに比例して安全性が増します。代表的な座席の種類を紹介します。

エアコン付一等(1A/First Class AC)

最もハイクラスな座席。個室になっており、内側から鍵がかけられる。インド人の中でも政府の要人などセレブが利用する。

エアコン付二等(2A/AC 2-Tier Sleeper)

2段式の寝台車。天井が高く十分快適に利用できる。一等のようにドアが無いため最低限の防犯意識が必要。

エアコン付三等(3A/AC 3-Tier Sleeper)

このランク辺りからバックパッカーが利用する。3段式の寝台車で天井は二等よりも低くなる。3Aまではインド人の中でも富裕層が利用するが中には悪質な盗難も発生するため注意が必要。

エアコン無寝台(SL/3-Tier Sleeper)

3段式寝台車。私がインドを旅していた時に最も利用していた等級。一般的なインド人が利用。金額が安い分、安全面に不安があるがしっかりと注意をしていれば大丈夫。注意点については後ほど触れます。

セカンドクラス(GN/2nd Sitting)

ジェネラルシートと呼ばれる予約不要の自由席。中は超満員の通勤列車状態なので夜間の移動は避けたほうがいいです。運が良いと座席に座れます。

 

このようにインドの鉄道は日本とは異なり一つの列車に様々な種類の座席があります。

バックパッカーが利用するのは3A、SLが最も多いのではないかと思いますが、中には全てGNを利用していたという強者も。

 

切符の購入方法

11707735_915067568558754_6044291240711220316_o

photo by Kenta Sugizaki

ニューデリー、ムンバイなどの大きな駅には外国人専用窓口が設置されており、英語が堪能な職員が常駐しています。

切符購入時はパスポートは必須で、記入用紙に日付、乗車区間、等級、氏名などを記入します。インドの鉄道は列車ごとに番号が割り振られており、事前に列車番号を調べそれを窓口に伝えるとその番号で空席があるか検索してくれるのでスムーズに購入することができます。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。