ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジョニー・デップ、米ユニバーサルのリブート版映画『透明人間』に出演することが決定

johnny-depp-invisible-man

ジョニー・デップが米ユニバーサル・ピクチャーズが製作するリブート版映画『透明人間』に出演することになった、と複数の情報筋が本紙ヴァラエティに伝えた。

現在のところ、同作の監督や脚本家はまだ決まっておらず、往年のモンスター映画の数々を現代に蘇らせる米ユニバーサルの構想の一部として、アレックス・カーツマンとクリストファー・モーガンが指揮を執るようだ。

もっと見る:【独占記事】米ユニバーサルはモンスター映画をどのように現代へと蘇らせるのか

H・G・ウェルズの名作小説をもとにした1933年公開のオリジナル版『透明人間』では、クロード・レインズが、悪事のために透明になる方法を発見した科学者を演じた。

リブート版モンスター映画シリーズの第1弾は、トム・クルーズ主演による2017年6月に米劇場公開予定のリブート版映画『ハムナプトラ』となる。

モーガンとカーツマンは、現在、リブート版『透明人間』の脚本家を探しているところで、製作開始の予定はまだ決まっていない。米ユニバーサルの上級副社長のジョン・モーンと副社長のジェイ・ポリドロが同スタジオの製作監修をおこなう。

デップの次回作は、『アリス・イン・ワンダーランド』の続編となる映画『Alice Through the Looking Glass(原題)』で、2017年夏に米劇場公開予定の『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ最新作『Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales(原題)』にも出演する。デップはさらに、米パラマウント・ピクチャーズの犯罪スリラー映画『Triple Frontier(原題)』の出演オファーも受けている。デップは、UTA(ユナイテッド・タレント・エージェンシー)と代理人契約を結んでいる。

このニュースは、デッドライン・ハリウッドが最初に記事にした。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy