ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ルピタ・ニョンゴ、SFスリラー映画『Intelligent Life(原題)』に出演交渉中

Mandatory Credit: Photo by Jim Smeal/BEI/Shutterstock (5540307bi) Lupita Nyong'o Marie Claire Image Maker Awards, Los Angeles, America - 12 Jan 2016

ルピタ・ニョンゴは、スティーヴン・スピルバーグ監督率いるアンブリン・パートナーズが製作するSFスリラー映画『Intelligent Life(原題)』に出演する交渉中だ。

同作は、映画『ジュラシック・ワールド』のコリン・トレヴォロウ監督と共同製作者のデレク・コノリーが、当初、『The Ambassador(原題)』とタイトルが付けられていた企画をもとに脚本を手掛けた。企画当初のストーリーは、国際連合の人類を代表する部門で働く職員がエイリアンと接触するというものだ。主人公の男性は、ニョンゴ演じるミステリアスな女性と恋に落ち、後にその女性がエイリアンであることが判明する。

フランク・マーシャルとトレヴォロウ監督が、ビッグ・ビーチ・プロダクション・カンパニーと共にプロデュースする。

アンブリン・パートナーズの幹部たちは、同作の監督として映画『グローリー/明日への行進 』のエヴァ・デュヴァネイ監督に興味を持っていたが、デュヴァネイ監督へのオファーには至らなかった。

『Intelligent Life(原題)』は、ドリームワークスにより1年前に企画されていた。アンブリン・パートナーズは、スティーヴン・スピルバーグ、パーティシパント・メディアのジェフ・スコール、リライアンス・アニル・ディルバイ・アンバーニー・グループのアニル・アンバーニー、エンターテイメント・ワンのダレン・スループによって昨年12月に設立された。同社は、ドリームワークス・ピクチャーズ、アンブリン・エンターテインメント、パーティシパント・メディアのもとで、映画製作と配給に注力していく。

ニョンゴは、映画『それでも夜は明ける』で第86回アカデミー賞助演女優賞を受賞した。映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒 』ではマズ・カナタを演じ、4月15日に米劇場公開する米ウォルト・ディズニーによる映画『The Jungle Book(原題)』では声優として出演する。

ニョンゴは、クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー、D2マネジメント、デル・シャウと代理人契約を結んでいる。

このニュースは、ハリウッド・リポーターが最初に記事にした。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。