ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミャンマーレストランでひよこ豆のチャーハンを / ゴールデンバガン

golden7

ひよこ豆のチャーハン
1000円

タイはスパイシーな料理が多いが、お隣ミャンマーの料理は「素朴すぎる」と思えるほどソフトなテイストの料理が多い。よって、日本人の味覚に合う料理が多く、毎日食べても飽きないのが特徴。特に穀物と野菜をふんだんに使用した料理が愛されている。

・ゴールデンバガンの料理
今回ご紹介する料理は、日本でも極めて珍しい、ミャンマーレストラン「ゴールデンバガン」で出されているもの。チャーハンに半熟の目玉焼きを乗せ、ひよこ豆を盛り付けたもの。その名も「ひよこ豆のチャーハン」。

golden11

・食材の旨味を生かす調理法
基本的にシンプルな味付けながら、調味料というより食材の旨味を生かす調理法。あくまで食材の旨味と最低限の味付けのみ。よくいわれる「食材の味をそのままに」というフレーズは、単にそのまま食材に手をくわえず出しているケースがあるが、これはそれではない。

・食材の集合体が完成系を築く
チャーハンに浸透したフライドオニオンの香ばしさが、ひよこ豆の素朴でホクホクとした食感と合わさって、ほんのり感じる油の旨味を盛り上げる。潰した黄身のコッテリ要素がプラスされると、たとえようのない幸せな気分に。食材それぞれ単体がひとつになり、完成系を築いているのである。

golden3 golden1 golden6

・ミャンマー料理は非常に奥が深
ひよこ豆の美味しさは塩気によって増幅される。チャーハンがやや濃い目のテイストなのも、ひよこ豆とのバランスを保つため。お互いを一度に食べるからこそ、そこにおいしさが生まれる。ミャンマー料理は非常に奥が深い。

・チャーハンと一緒に茶葉料理を食べてみよう
ちなみに、ミャンマー料理は野菜や茶葉を使用した料理が多い。特に茶葉料理は日本人にも合うはず。料理により、酸味を帯びたり、塩気を帯びたり、さまさせまな和食にはない茶葉のテイストが楽しめる。ひよこ豆のチャーハンと一緒に茶葉料理を食べてみるといい。

golden4 golden8

・本格的な「現地の味」を堪能できる
ひよこ豆のチャーハンや茶葉料理に感動したならば、ミャンマー料理がどんなものか、その特徴には気が付いているはず。そう、ミャンマー料理は乾物や野菜を混ぜた料理など、ドライな仕上がりの料理が多い。汁気が少ないのである。この店では本格的な「現地の味」を堪能できるので、ミャンマー料理に魅了されたなら、いろいろと食べてみるといいだろう。

・チベット料理の「タシデレ」
「ゴールデンバガン」の近くにチベット料理の「タシデレ」があるが、実は両店の店長は知人同士。考えてみれば、ミャンマーもチベットも食文化として似ているものがある。どちらも日本では極めて珍しいアジア料理店。ハシゴをして味を比べてみるのも楽しそうだ。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2016/02/10/golden/

ゴールデンバガン
住所: 東京都新宿区富久町8-20 カーサ富久町1F
時間: 11:30~14:30 17:00~22:00
休日: 日祝
http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13178952/

東京メインディッシュの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy