ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

能登ぐる~り冬のご馳走旅!話題の観光列車で巡る絶品グルメ6選!

能登ぐる~り冬のご馳走旅!話題の観光列車で巡る絶品グルメ6選! 観光列車「のと里山里海号」

カニ、 牡蠣、 鰤…冬の旬が溢れんばかりの石川県 ・ 能登エリア。今話題の観光列車で、 ガトゴトぐるりと美味めぐりをするのはいかがですか?

新鮮な海の幸に舌鼓をうって、能登の車窓をつまみに、次のグルメスポットへ…。

今が旬まっただ中の冬のご馳走列車旅へ、出発進行!

今回の旅ルート

金沢グルメを楽しんで金沢駅へ

↓観光列車「花嫁のれん」で最短1時間17分

和倉温泉駅着[宿泊]

↓観光列車「のと里山里海号」で1時間5分

穴水駅着:牡蠣三昧!

■金沢グルメ

言わずと知れた加賀百万石の城下町。

金沢港や能登半島の魚介にも恵まれ、町なかには寿司店や魚介料理の店が多数。近江町市場には旬のカニも並びます。

宝生寿し

金沢や能登の地物がずらり!冬は身締まり&脂のりが抜群。

宝生寿し 「にぎりおまかせ」は当日仕入れた地物中心の12貫。取材日はのどぐろや鰤、バイ貝、生鯖が美味 金沢港のすぐそば、店主が地物魚介を目利きして提供する寿司店。高級魚・のどぐろや寒鰤は、濃厚なコクと旨みに感動!ほか、地元にしかほとんど出回らない白ガスエビは、とろっとした甘みが堪りません。宝生寿し古民家を再生した重厚な建物宝生寿し内装は白漆喰、朱壁などを用いて風情あり 宝生寿し(ほうしょうすし)

TEL/076-267-0323

住所/金沢市大野町4-72

営業時間/11時~22時

定休日/水(祝日の場合は翌日)

料金/にぎりおまかせ2700円

アクセス/JR金沢駅よりタクシーで10分

「宝生寿し」の詳細はこちら

逸味潮屋 近江町いちば店

冬限定、特大の天然寒鰤をがっつり楽しめる豪華丼!

逸味潮屋 近江町いちば店職人の手により鰤を丁寧に塩たたきに。「鰤のたたき」や「能登いか焼き塩辛」などお土産の購入もできる 海産物店が営む、市場内の食事処。冬場だけの名物は、特大の天然寒鰤を使うたたき丼。能登の揚げ浜塩で寒鰤を塩たたきし、一気に炙って香ばしい風味ごと旨みを閉じこめます。シンプルにして奥深い味わい。逸味潮屋 近江町いちば店「金沢市民の台所」と呼ばれる近江町市場。2月はズワイガニや牡蠣のほか、加賀野菜の源助大根なども旬 逸味潮屋 近江町いちば店 逸味潮屋 近江町いちば店

逸味潮屋 近江町いちば店(いつみうしおや)

TEL/076-223-0408

住所/金沢市青草町88 近江町いちば館1階

営業時間/9時~17時30分(イートイン10時~16時)

定休日/木曜(不定)

料金/天然寒ぶりたたき丼2200円

アクセス/JR金沢駅より徒歩15分

「逸味潮屋 近江町いちば店」の詳細はこちら

■観光列車「花嫁のれん」で金沢→和倉温泉へ

七尾線観光列車「花嫁のれん」

列車で北陸の伝統工芸を体感!雅な空気の中で名旅館の味に酔う。

七尾線観光列車「花嫁のれん」車窓には能登半島の田園風景が広がる 加賀友禅や輪島塗りなどの技を活かしたデザインが優美。車内では名旅館「加賀屋」総料理長が監修した和軽食を味わえます。七尾線観光列車「花嫁のれん」ロゴは加賀水引がモチーフ。外装も和のデザインがポイントに。金沢金箔の装飾が施された空間も 七尾線観光列車「花嫁のれん」 七尾線観光列車「花嫁のれん」七尾線観光列車「花嫁のれん」スイーツ+飲み物セット2000円(1号・3号限定)七尾線観光列車「花嫁のれん」和軽食と加賀棒茶のセット2500円(2号限定)
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy