ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • ジョン・レノンとオノ・ヨーコのドラマ映画を『フィフティ・シェイズ』シリーズのプロデューサーが製作中
  • 『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』ジョー・ライト監督インタビュー 海賊がニルヴァーナを歌う理由とは?
  • ありがとう世界一!『アンパンマン』登場キャラクター数でギネス認定!
  • 【シン・ゴジラ】ゴジラいわく「かっこよく撮ってくれてうれしい~」!? ファッション誌『BAILA』でも特集ページ [オタ女]
  • ブラピ主演の戦争映画『フューリー』 リアルを追及するあまりマイケル・ペーニャは戦車を動かせるようになった?
  • 優美な殺人鬼&心優しき復讐鬼! “北欧の至宝”マッツ・ミケルセンが魅せる二面性にシビれる
  • 【生放送予告】6月公開の邦画が面白過ぎる件/『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の見所紹介
  • 【アラサー】意見真っ二つ!初代ポケモン世代で『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』を観てきた
  • 美しいランペドゥーサ島に漂う移民・難民の“真の姿”を映し出す 衝撃のドキュメンタリー『海は燃えている』
  • ホラー×アイドルの最強タッグ! 「ホラー秘宝JAPAN祭り」第2弾『いま、殺りにゆきます』&『ゾンビデオ』公開
  • 『アントマン』大ヒット中! 謎のヒーロー“オサダマン”誕生と活躍の軌跡
  • 映画『ベルセルク』R18+興行決定! トラウマ必至の“蝕シーン”がさらに衝撃的に
  • メル・ギブソン、映画『パッション』の続編の可能性を語る
  • 【レビュー】ずっとついてくる“それ”ってなんだ? 『イット・フォローズ』は“性”と“死”をめぐる恐ろしい“逃げゲー”[ホラー通信]
  • ホラー映画『Mr.タスク』ツッコミどころ満載の予告編解禁 古谷徹が「なんでセイウチなんだ!?」と絶叫
  • コメディ映画『The Night Before(原題)』で大はしゃぎするアンソニー・マッキー、『キャプテン・アメリカ』シリーズ最新作でファルコンを再演

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

元SKE48の松井玲奈、卒業後初シングルでチャラン・ポ・ランタンとコラボ

元SKE48の松井玲奈が、3月に放送される自身が出演するドラマのタイアップソングを担当することを発表。 同曲を収録した卒業後初のシングル「シャボン」を4月6日に発売することが決定した。

松井玲奈 (okmusic UP's)

昨年8月SKE48を卒業し、女優、タレント、モデル他、多方面にて活動の幅を広げてきた松井玲奈。今作は楽曲プロデュース&歌唱を、もも(唄)と小春(アコーディオン)による姉妹ユニット・チャラン・ポ・ランタン全面バックアップ。“松井玲奈とチャラン・ポ・ランタン”名義でアーティストデビューする。

出会いは、松井がレギュラーを務めるニッポン放送『ミューコミプラス』にチャラン・ポ・ランタンがゲスト出演したこと。その後、松井ライヴブに足を運ぶなど交友関係が続き、松井自身の熱烈なオファーでコラボレーションが実現した。

詳細はこれから明らかになるようだが、海外での活動から日本のお茶の間まで、縦横無尽に活動するチャラン・ポ・ランタンと、また1つ活動の場が広がる松井玲奈がどんな世界観を見せてくれるのか期待せずにはいられない。今年上半期の音楽シーン大注目のユニット誕生だ。

■松井玲奈 オフィシャルHP
http://www.grick.jp/artist/rena.php
■チャラン・ポ・ランタン オフィシャルHP
http://charanporantan.net

シングル「シャボン」
2016年4月6日発売
【TYPE-A】(CD+DVD)
¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.タイトル未定(タイアップソング)
2.カップリング曲(A)
■DVD
1.タイトル未定(MV)

【TYPE-B】(CD+DVD)
¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.タイトル未定(タイアップソング)
2.カップリング曲(A)
■DVD
1.タイトル未定(メイキング)

【TYPE-C】(CD)
¥1,200+税
<収録曲>
1.タイトル未定(タイアップソング)
2.カップリング曲(A)
3.カップリング曲(B)

チャラン・ポ・ランタン (okmusic UP's)
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。