ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現代の神隠し「きさらぎ駅」に今年最初に迷い込む人登場!?

匿名掲示板・2ちゃんねる発生の都市伝説「きさらぎ駅」。

現代版神隠し的な内容で、普段どおりに電車に乗ると、いつのまにか違う路線に乗っていることに気づきます。乗り間違えたかと不安にかられふと降り立った無人駅が初めて見る「きさらぎ駅」。
年に何人か迷い込む者が現れ、その度にネット上で実況が行われています。無事生還できた者もいれば、消息不明になった者も……。

【関連:オカルト系サイトで話題になった御嶽山噴火の予言者、実際のところどうなの?】

(写真はイメージです。)

(写真はイメージです。)

という都市伝説なのですが、過去には投稿した写真や内容からネタだということが判明したり、後から本人による「釣り宣言(冗談宣言)」が行われたりと、最近では周囲を巻き込んだ一種のネット遊びのようになっています。

そんな「きさらぎ駅」に、今年初めて迷い込んだ人が出たとTwitterで話題になり、一時はトレンド入りまでしていました。
今回迷い込んだ人物は、2月5日に中央線高尾行きに乗車したところ、不自然に車内がガラガラなのに気づき、まずその様子を写真つきでTwitterに投稿。しばらくして「きさらぎ駅」と書かれた写真とともに、そこで下されたことを知らせています。
その後薄暗いホームや改札の写真も投稿し……誰かの車に乗ったという17時45分の投稿を最後に更新が途絶えている状態です。キャーーーーーーー。

といいたいところですが、きさらぎ駅に関する投稿写真が、実はネットからの転載ということがすぐに発覚し、改札口の写真については、JR西日本赤穂線の「西相生駅」ということまで判明しています。さらに2月8日のTwitterトレンド入り後、数日ぶりにTwitterが更新され元気な様子を見せていました。

きさらぎ駅といえば、毎回「迷い込み」宣言をした人を中心に、「信じて助けようとする人」「ウソを暴こうとする人」を巻き込み大騒動になっています。ところが、今回については画像が転載とすぐ判明したため、後者の陣営からは「もっとうまくやれよ!」といった愚痴がネットには散見している状況です……。

▼参考
NAVER

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy