ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コーエン兄弟、映画『ビッグ・リボウスキ』の続編は決して作らないと発言

587698547

映画『ビッグ・リボウスキ』のファンたちは、”デュード”がスクリーンに再び戻ってくることを長いこと期待して待っているが、本紙ヴァラエティによる最新インタビューによると、監督のコーエン兄弟(ジョエル・コーエンとイーサン・コーエン)は、1998年に公開されたカルト的傑作『ビッグ・リボウスキ』の続編製作の可能性を完全に否定した。

ジョエル・コーエン監督は、ジョージ・クルーニーの次の映画作品である『ヘイル、シーザー!』で、どうやってクルーニーが、コーエン兄弟に脚本を書くようにプッシュしたのかを引き合いに出しながら、「タラ・リードは、クルーニーが映画『ヘイル、シーザー!』を発表したように、続編について発表したいんだ」と、2月初めの本紙ヴァラエティの特集記事で語った。「その願いは叶えられないだろう」と、続けた。

コーエン兄弟はまた、『ヘイル、シーザー!』で、ジョン・タートゥーロが演じるジーザスについてのスピンオフ作品の計画も否定した。これはタートゥーロが過去に、記者たちにスピンオフ作品のアイデアを提案していたものだ。

「その予定は全くない」と、イーサン・コーエン監督は語った。

実のところ、コーエン兄弟が製作した名作の中で、続編の可能性がある唯一の映画作品がある。イーサン・コーエン監督は、「映画『バートン・フィンク』の続編を製作しようとしていた時がある」と、説明した。同作は、1991年にパルム・ドールを受賞した作品で、ハリウッドに拠点を移した1960年代の脚本家についての物語である。イーサン・コーエン監督は、「タートゥーロは、60年代のバークレー(米カリフォルニア州アラメダ郡にある都市)に行くことになるだろう」と、続けた。

ジョエル・コーエン監督は、「『オールド・フィンク』と呼ばれる、『バートン・フィンク』の続編は、私たちが続編を製作するにふさわしいと考えた唯一の映画作品だ。しかし、『ヘイル、シーザー!』に関しては、私たちは、タートゥーロが完全に歳をとるまで続編を製作するつもりはない。タートゥーロは着々と年老いていて、その時に向かっている」と、加えた。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。