ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヘアアレンジがランクUP♪ゴールドピンを使った可愛い留め方4選

オシャレ女子の必須アイテム、ゴールドピンが可愛く留められる♪

オシャレ女子の必須アイテム、ゴールドピンが可愛く留められる♪

2015年からのヘアアレンジブームで、簡単に安く手に入るようになったゴールドピン♪
でもなかなかSNSなどに出てくるような留め方ができなかったり、どんな感じが可愛いのかな? と悩んだりされる方も多いのではないでしょうか。
そんなみなさんに、今回はゴールドピンを使った、それだけでチョッピリおしゃれな留め方を4つご紹介します♪

 

ゴールドピンの可愛い留め方4選

ゴールドピンの可愛い留め方4選

①トライアングル。一番シンプルでチャレンジしやすい留め方です。初めての方はトライアングルからチャレンジしてみるのもおすすめ。

 

②人気上昇中のアスタリスク

②人気上昇中のアスタリスク。意外と簡単にできちゃいます。ハットに合わせても、ちらっと見えるのがオシャレ。

 

③ちょっと上級者向け? スター

③ちょっと上級者向け? スター。形を作るのが難しそうですが、ピンが重なっているので安定感があります。

 

④同じ方向に並べて留める、バーコード

④同じ方向に並べて留める、バーコード。ちょっとだけズラしたり、間隔を不規則にしたりするなど、きっちりし過ぎないのがポイント。長さの違うピンを使ってみてもおもしろいですね。

 

ピン使いでヘアアレンジがワンランクアップ♪

ピン使いでヘアアレンジがワンランクアップ♪

どうでしょう?
もちろん、毛がピンの上に出ないよう気をつけて留めるだけの技術なのですが。
ピンがかぶさるところは、先に刺したピンの表に出ているところを挟むようにして留めてあげるのがポイント。
今回は普通に留めていますが、波ウェーブの方だとバランスが取りにくいので、ピンの平たくて長くなっている方を表に出すのも楽しみやすくなるコツです。
これであなたのヘアアレンジも、ワンランクUPしますね♪
ぜひぜひ、ゴールドピン使いを楽しんでみてくださいね♪

松井愛士(release SEMBA)

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy