ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おとなのぶらり旅 ~こんなにも、ある。南熊本編③~

おとなのぶらり旅 ~こんなにも、ある。南熊本編③~ f:id:hotpepper-gourmet:20151106120609j:plain

全国々浦々、名物、名産、ご当地グルメに郷土食! タベアルキストの旅に美味しいご飯は欠かせません。

日本中の美味しいものを、そこに込められたハートも一緒に味わいたい。

そんな想いから始めた大人のための食の旅こそが『おとなのぶらり旅』。

「知って食べれば、もっと美味しい」

食と人でつなぐグルメ旅最終日スタートです!

朝一で絶品バーガーに出会う。球磨の黒豚

いよいよ最終日。

この日のスタートは黒豚から。

そうです、鹿児島だけでなく熊本にも黒豚がいるんです。モンヴェールで食べたバブコック種との違いが楽しみ!

f:id:tabearukist:20151103230517j:plain

黒豚を育て始めて30年になる球磨の黒豚。

まだ黒豚がメジャーでは無かったころからずっと育て続けています。

生産者直営のこちらの店舗では、その黒豚を使用した軽食を頂くことができます。

f:id:tabearukist:20151103233229j:plain

【クマクロバーガー 540円】

今回は3品頂きましたが、抜群に美味しかったのがこちらのクマクロバーガー。

自家製のバンズに、黒豚のメンチカツ、特製のソースを合わせたボリューム感のある一品。

モチっとした柔らかめのバンズと、厚みのあるメンチとの一体感が素晴らしいです。

溢れる肉汁をバンズでしっとりと受け止め、ソースで奥行を膨らませる合わせ技の前に、あっという間にお腹の中へ納まってしまいました。

一食の価値ありです!

f:id:tabearukist:20151103233301j:plain

【ホットサンド 380円】

こちらは、ロースハムとメンチカツを使用したホットサンド。

クマクロバーガーのバンズとは異なり、こちらのパンは密度の詰まったしっかり系。見た目以上にボリュームを感じられます。

手を汚さずに食べたいときはこちらがおススメ。

f:id:tabearukist:20151103233336j:plain

【黒豚メンチカツ 195円】

最後はメンチカツ。

昨日いただいたメンチと甲乙つけがたい美味しさ。

どちらかというと、こちらの方が脂にコクがあり全体的にパワフルな印象です。

球磨の黒豚は、肥育期間を通常に比べて約10か月間と長くすることで、繊維が細かくなり、もも肉にまでサシが入るようになるそうです。

このあたりが、味の秘訣になっていそうです。

ホルモンもいただいてみたかったけど、仕入れの関係で取り扱いは無いとのこと。

代わりに、ほるもん街道というホルモンをウリにしている町のことを教えてもらいました。

球磨の黒豚

熊本県球磨郡あさぎり町免田西3003-2

TEL:0966-45-9096

営業時間:10:00~18:00

休業日:土日祝日

http://www.kuma-kurobuta.com/

ほるもん街道の名物 黒ホルモンを目指して

ほるもん街道を目指して、車を走らせることしばし。

f:id:tabearukist:20151025212940j:plain

219号線沿い、錦町のあたりにはのぼり旗が。

ここがほるもん街道です。ほるもん・よかもん・うまかもん。なかなかいい感じに韻を踏んでいます。

f:id:tabearukist:20151025212910j:plain

我々が向かったのは錦町で創業60年という「市房食堂」。

市房山から命名したというそのお店を、現在は創始者のお孫さんにあたる2代目が運営しています。

1 2 3 4次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。