ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

じゃらんユーザー5756人が選んだ!人気温泉地ランキング東北編

じゃらんユーザー5756人が選んだ!人気温泉地ランキング東北編 乳頭温泉郷、水沢温泉郷、田沢湖高原温泉郷 鶴の湯温泉

じゃらんユーザーが選んだ東北の人気温泉地ランキングとして18のスポットを紹介しています。魅力的な温泉はもちろんですが、その温泉の周辺にある観光スポットもたくさん紹介しています。

今年はこちらで紹介している温泉スポットすべてを制覇する旅へ出かけてみてはいかがでしょうか。

1位.【宮城県仙台市】秋保温泉

秋保温泉は仙台市街地からのアクセスが便利で、出張のビジネスマンや家族連れ、カップルなど幅広い層に支持されています。

そんな温泉地だから食事処の充実度はピカイチ!カレー、スパゲティ、手打ちそばに地元野菜のランチ、気軽に変えるたいやきやおはぎなど、誰もが好きな食べ物が種類豊富に揃っているので、選ぶのに困ってしまうかも♪しかも、どこのメニューも素材や調理法にとことんこだわっていて味は抜群。

大好きな人と一緒でも、一人でも気軽に味わえ、食べると笑顔になる味ばかりです!

不動茶屋

東北秋保温泉の絶品甘味でひと休み。

不動茶屋

揚げた玄米餅にくるみ餡を絡めた「玄米くるみもち」

不動茶屋 店内の雰囲気も◎ 不動茶屋 東屋を改装した風情ある建物、夏はベンチでくつろいでも

秋保大滝の近くにある有名豆腐店直営の茶屋。お店の中の雰囲気も素敵で、お豆腐のほかお餅やあんみつなど種類豊富な甘味を揃えています。滝見物後に休憩を。 不動茶屋

TEL/022-399-2707

住所/宮城県仙台市太白区秋保町馬場大滝11

営業時間/9時30分~16時30分

定休日/火

料金/玄米くるみもち600円

駐車場/100台(秋保大滝駐車場)

「不動茶屋」の詳細はこちら

2位.【秋田県仙北市】乳頭温泉郷、水沢温泉郷、田沢湖高原温泉郷

本物の秘湯風情を持ちながら、初心者でも比較的行きやすい乳頭温泉郷。

乳頭山麓に点在する七湯は独自に源泉を持ち泉質も多種多様です。歴史情緒あふれる鶴の湯温泉からモダンな妙乃湯まで七湯七色、個性豊かな佇まいも人気の秘密だそうです。

どっぷり魅力に浸かりたいなら全制覇にぜひ挑戦を!夏ならハイキングコースを歩いて自力で巡るもよし、バス「湯めぐり号」を使って巡るもよし。七湯に入り放題の「湯めぐり帖」片手にディープな秘湯ラリーを楽しみましょう★

鶴の湯温泉

江戸時代の面影を残す東北秘湯の温泉宿。

乳頭温泉郷、水沢温泉郷、田沢湖高原温泉郷 鶴の湯温泉

乳白色の名湯満ちる女性専用露天風呂。白銀に包まれる湯浴みを

乳頭温泉郷、水沢温泉郷、田沢湖高原温泉郷 鶴の湯温泉

真っ白な雪と重厚な木造建築が織りなす光景は秘湯ムードたっぷり

乳頭温泉郷、水沢温泉郷、田沢湖高原温泉郷 鶴の湯温泉 広々とした名物・混浴露天風呂 乳頭温泉郷、水沢温泉郷、田沢湖高原温泉郷 鶴の湯温泉 門をくぐれば茅葺屋根の建物が連なる

乳頭温泉郷の中で最も古い歴史を誇り、秋田藩主の湯治場だった由緒ある温泉です。敷地内に4つの源泉を持ち異なる泉質の湯が湧きます。周りの自然の景色と一緒に温泉を楽しみましょう。 鶴の湯温泉

TEL/0187-46-2139

住所/秋田県仙北市田沢湖先達沢国有林50

駐車場/50台

営業時間/10時~15時

定休日/なし※月曜は清掃のため露天風呂休み

料金/日帰り入浴料大人500円

「鶴の湯温泉」の詳細はこちら

3位.【岩手県花巻市】花巻温泉郷

花巻温泉郷のある花巻市には宮沢賢治ゆかりの施設や賢治が愛した風景があちこちにあり、イーハトーブを彷彿する。 賢治の創作世界に迫れる、 おすすめの見学コースはいかがでしょうか?

3つの博物館を訪ねて賢治の作品や思想を知るところからスタートし、童話そっくりのレストランや停車場、賢治の愛した風景、賢治の足跡をたどり、湯につかっていると、理想郷イーハトーブが、ここ花巻にあるような気がしてきます。『雨ニモ負ケズ』の手帳が展示された喫茶室などを巡りましょう。

東北の花巻温泉郷の宮沢賢治童話村で童話の世界で存分に遊ぶ。

賢治の学校(所要時間約15分)

花巻温泉郷 宮沢賢治童話村 巨大万華鏡の中を歩く宇宙の部屋
1 2 3 4 5 6次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。