ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

至極の癒しを体験しよう!バリ島の芸術村ウブドの観光情報

Photo credit: Yuka Saito「Ubud Bali」

Photo credit: Yuka Saito「Ubud Bali」

こんにちは。TRiPORTライターのMayumiです。
『食べて、祈って、恋をして』の撮影地として有名なバリ島の小さな村ウブド。この場所は、バリ舞踊、バリ絵画など、芸術村としても有名です。
耳を澄ませば、伝統舞踊の練習に励む音色がどこからか聞こえてきます。カンカン照りの太陽に、色鮮やかな植物、魅力たっぷりのウブドについてご紹介します

芸術村、ウブドとは?

概要

ウブド(Ubud)は、インドネシア共和国バリ州ギャニャール県ウブド郡の村。ウブド郡の中心であり、ガムラン音楽、バリ舞踊、バリ絵画など、芸術の村として知られ、観光の盛んな村である。地名の由来は薬草(現地語でウバド:Ubad)が訛ったものと言われている。
一般に、ウブドというと、ウブド郡に含まれる近隣の村を含めて指すことが多い。すなち、東隣のプリアタン村、南隣のマス村、西隣のサヤン村、さらにその北隣のクデワタン村である。また、少し離れた北には棚田で有名なテガララン郡テガラランもあり、それら観光の中心地となっている。
村の中心部はウブド村寺院とその向かいのマーケットの付近であり、その間を東西に伸びるラヤ・ウブド通りと南にまっすぐのびるモンキーフォレスト通りが中心街。モンキーフォレスト通りを突き当たったところにモンキーフォレストと呼ばれる、自然保護区があり、多くの猿が生息している。
出典:ウブド – Wikipedia

ウブドの位置

1. ウブド王宮

Photo credit: Victor Ulijn via flickr cc

Photo credit: Victor Ulijn via flickr cc

観光名所として有名な、ウブド王宮は、ウブド中心部にあります。
このウブド王宮には現在も王族の子孫たちが暮らしていますが、公開されている場所もあります。歴史を感じる建築をはじめ、伝統舞踊の公演が行われる場所もあります。

ウブド王宮(Puri Saren Agung)
住所:Jl. Raya Ubud, Ubud, Bali 80571, Indonesia
開館時間:朝〜(舞踊 19:30〜21:00)
休館日:祝日、宗教儀式
料金:無料(舞踊は有料)

2. ハノマン通り

Photo credit: Felix Schaumburg via flickr cc

Photo credit: Felix Schaumburg via flickr cc

ヨガで有名なウブド、中でもヨガ関連のお店が多く建ち並ぶハノマン通りには、オーガニックカフェやエコグッズなどのお店が近年続々とオープンしています。

ハノマン通り(Jalan Hanoman)
住所:Jl. Hanoman, Ubud, Gianyar, Bali, Indonesia

3. グヌン・ルバ寺院

Photo credit: Tatsuhiko Karasawa via flickr cc

Photo credit: Tatsuhiko Karasawa via flickr cc

チャプアンエリアにあるグヌン・ルバ寺院は、ウブドで最も古い寺院として知られています。
静寂に包まれた神秘的なこの場所は、マイナスイオンで溢れ、心を落ち着かせることができます。

グヌン・ルバ寺院(Pura Gunung Lebah)
住所:Jl. Raya Campuhan, Ubud, Bali, Indonesia

4. モンキーフォレスト

Photo credit: mararie via flickr cc

Photo credit: mararie via flickr cc

野生猿の自然保護区であり、パワー・スポットとしても知られています。特に、昼間はいいエネルギーが流れていると言われています。
油断していると猿たちにペットボトルや食べ物を取られそうになりますので気をつけてください!

モンキーフォレスト(Monkey Forest)
住所:Jalan Monkey Forest, Padangtegal, Ubud, Bali 80571, Indonesia
電話番号: +62 361 971304
営業時間:8:30〜18:00
休業日:無
料金:約10,000ルピア(3歳~12歳は5,000ルピア)
HP:http://monkeyforestubud.com

5. ザ・ブランコ・ルネッサンス美術館

「バリのダリ」と呼ばれる、アントニオ・ブランコは独特な色使いと、ユニークな表現で有名ですが、彼の作品の面白いところはオリジナルで作っている額縁です。ドリアンのようなチクチクした額縁など、作品とともに作られた額縁も見所の一つだと思います。
美術館敷地内には、カラフルな鳥たちをはじめ、太陽の光を帯びた美しい植物に出会えます。美術館の入り口も館内も素敵ですよ! また、入場券で敷地内のカフェでウェルカムドリンクをいただけます。

ザ・アントニオ・ブランコ美術館(The Blanco Renaissance Museum)
住所:Campuan, Ubud, Bali 80361, Indonesia
電話番号:+62 361 975 502
開館時間:9:00〜17:00
休館日:祝日
料金: 50,000ルピア
HP:http://blancomuseum.com/make-a-visit.html

6. ヨガ・バーン

Photo credit: Ubud Writers & Readers Festival via flickr cc
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。