ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フィヨルド情報満載!ノルウェーのおすすめ観光スポット15選

Photo credit: Miho Takahashi「フィヨルドを目指して!春のノルウェー」

Photo credit: Miho Takahashi「フィヨルドを目指して!春のノルウェー」

こんにちは! TRiPORTライターのkomiです。
ノルウェー最大の観光名所、フィヨルド。美しく青い空と雄大な自然はまさに絶景! ノルウェーの各地に、いろいろな特徴を持ったフィヨルドがあることをご存じですか? 場所によって、見ることができる景色もさまざまです。
今回はノルウェーが誇る代表的なフィヨルドと、おすすめの観光スポットTOP15をご紹介します。

ノルウェーってどんな国?

ノルウェー王国(ノルウェーおうこく, ノルウェー語: Kongeriket Norge/Noreg)、通称ノルウェーは、北ヨーロッパのスカンディナビア半島西岸に位置する立憲君主制国家である。首都は半島南端部に存在するオスロフィヨルドの奥に形成された港湾都市のオスロである。東にスウェーデン、ロシア、フィンランドと国境を接する。
出典:ノルウェー – Wikipediaより

Photo credit: Júlio Reis and João David Tereso [CC BY-SA 2.5], via Wikimedia Commons

Photo credit: Júlio Reis and João David Tereso [CC BY-SA 2.5], via Wikimedia Commons

ノルウェーのフィヨルドとは

北欧は約100万年前、約1,000mを超える分厚い氷河に覆われていました。氷河が厚みを増すにつれ、その重さにより山の斜面をへこませ、U字型の深い谷を形成していきました。
氷河期末期、谷に落ちた氷河が溶けだして海面ができ、現在のように船で遊覧できる姿になりました。
ノルウェーが誇るフィヨルドの総距離はおよそ地球2周半分にもなります。もっとも狭い谷である「ネーロイフィヨルド」と、もっとも深い谷である「ゲイランゲルフィヨルド」が世界遺産に登録されています。

ノルウェーの5大フィヨルド

1. ゲイランゲルフィヨルド

Photo credit: Paweł Budzisz「Wonderful fjord in Geiranger, Norway」

Photo credit: Paweł Budzisz「Wonderful fjord in Geiranger, Norway」

標高1,500mの高さを誇る山に囲まれた全長16kmのフィヨルドです。その美しさは「フィヨルドの真珠」と呼ばれるほどで、2005年世界自然遺産に登録されました。
現在も、人の手を加えられていないありのままの自然が残されています。その雄大な姿に多くの人が圧倒されます。

2. ソグネフィヨルド(世界遺産ネーロイフィヨルド)

Photo credit: Bosc d'Anjou via flickr cc

Photo credit: Bosc d’Anjou via flickr cc

全長204m、深さ1,308mのこちらのフィヨルドは、ヨーロッパ本土で最長・最深のフィヨルドです。支流ネーロイフィヨルドはその独特な景観が評され、世界自然遺産に登録されました。タイミングが良ければ、野生の可愛らしいアザラシを見ることもできますよ!

3. ノールフィヨルド

Photo credit: Chilli Head via flickr cc

Photo credit: Chilli Head via flickr cc

ソグネフィヨルドと、ゲイランゲルフィヨルドの中間に位置しています。ヨーロッパの中でもっとも規模の大きい氷河「ヨステダール氷河」の支流「ブリクスダール氷河」が一番の見どころで、多くの人が観光に訪れます。
ヨーロッパでもっとも深い湖「ホーニンダルスヴァトネ湖」を見ることもできるフィヨルドです。
氷河を間近で見てみたい! という方におすすめです。

4. リーセフィヨルド

Photo credit: Adam Jelen「Preikestolen, Stavanger (Norway)」

Photo credit: Adam Jelen「Preikestolen, Stavanger (Norway)」

ノルウェーの南西部に位置するローガランのフォーサンにあるフィヨルドです。リーセフィヨルドとはノルウェー語で「光のフィヨルド」という意味です。
周辺に花崗岩が多く見られ、太陽の光に反射して輝くことからこの名前が付けられました。水面から垂直に立つ約600mの一枚岩「プレーケストーレン」が一番の見どころです。

5. ハダンゲルフィヨルド

Photo credit: Víctor Vélez via flickr cc
1 2 3 4次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy