ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

少子化の原因が分かったので対策書く/書籍『失敗すれば即終了』の補足(デマこい!)

賃金が安い地域では、資本集約的な産業に転換するメリットがない。機械を使うよりも、労働者を使うほうが安上がりだからだ。そのため労働集約的な経済から脱出することが難しくなる。

また一方で、子供の少ない親ほど子供1人あたりの教育的投資を増やす傾向があることが知られている(グレゴリー・クラーク(2009)下巻p156)。このことを鑑みると、「日本型」の国々は少子化を経験したからこそ、経済発展ができたのかもしれない……と、考えることもできる。

つまり、まず乳児死亡率の低下により、合計特殊出生率が下がった。子供が減ったことで、子供1人あたりの投資が増え、彼らの教育水準が向上した。それが賃金の増大をもたらし、資本集約的な産業への転換をうながしたのかもしれない。このシナリオなら、「日本型」の国々の経験をうまく説明できる。

少子化の原因として名前が挙がるものの多くは、じつは少子化の結果かもしれない。たとえば女性の社会進出だ。日本で女性の労働力率や大学入学率が上昇するのは、少子化社会への転換が完了した後だ。つまり、生涯に生むべき子供の数が減ったからこそ、彼女たちは労働や勉学に時間を割けるようになったのだ。

正しい原因とメカニズムが分かれば、適切な対策を取れる。細菌が発見され、伝染のメカニズムが分かったからこそ、私たちは病気を予防できるようになった。少子化も同じだ。日本政府は90年代半ばから、約20年も少子化対策に取り組んできた。しかし、目立った成果は上がっていない。これは、原因が分からないまま闇雲に手を打っているからだろう。少子化の正しいメカニズムを突き止めれば、効果的な対策を打てるようになるはずだ。

【お知らせ】著者のブログ「デマこい!」が書籍になりました!

少子化の原因が分かったので対策書く/書籍『失敗すれば即終了』の補足(デマこい!)

タイトルは『失敗すれば即終了!』です。
過去の人気記事に大幅な加筆修正をしてまとめました。

付録:アジア諸国の合計特殊出生率の推移

▼「日本型」の国々(日本以外の6ヵ国)

少子化の原因が分かったので対策書く/書籍『失敗すれば即終了』の補足(デマこい!)

(1)インドは典型的な「日本型」だ。日本よりも長い時間がかかっているが、グラフの形状はよく似ている。

少子化の原因が分かったので対策書く/書籍『失敗すれば即終了』の補足(デマこい!)

(2)インドネシアも比較的綺麗な「日本型」の形状になっている。1人あたりGDPを見ると、1997年のアジア通貨危機の影響がくっきり。だが、所得が下がっても合計特殊出生率には影響していない。

少子化の原因が分かったので対策書く/書籍『失敗すれば即終了』の補足(デマこい!)

(3)グラフ全体を見れば、タイも「日本型」と言っていいだろう。タイやインドネシアでは、グラフの最初のほうが「パキスタン型」になっている。経済発展と乳児死亡率の低下が同時に進み、その後、合計特殊出生率が低下するという動きだ。

少子化の原因が分かったので対策書く/書籍『失敗すれば即終了』の補足(デマこい!)

(4)バングラデシュは、1人あたりGDPの最初のほうがランダムな動きをしている。また現在でも、1958年の日本の所得水準よりもずっと貧しく、1人あたりGDPは半分程度という点に注目したい。

少子化の原因が分かったので対策書く/書籍『失敗すれば即終了』の補足(デマこい!)

(5)ベトナムは、バングラディシュと同じく1人あたりGDPのグラフの初期状態がランダムな動きをしていた。また、乳児死亡率が昔から低めだったことも特徴だ。

少子化の原因が分かったので対策書く/書籍『失敗すれば即終了』の補足(デマこい!)

(6)マレーシアは乳児死亡率のグラフがやや変則的な形状になっている。合計特殊出生率3.5ぐらいで低下が一度止まり、その後、再び下落に転じるという動きだ。モデル(α)-2とモデル(α)-1を組み合わせたような動きになっている。

▼「パキスタン型」の国々(3ヵ国)

少子化の原因が分かったので対策書く/書籍『失敗すれば即終了』の補足(デマこい!)
前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき