ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コスパに驚き!回転寿司から拘りの逸品まで!大分で一度は行きたい絶品寿司屋9選

誉寿司 焼荒の赤出し 430円

アラを焼き上げてから入れているため、香ばしさが加わり、何とも品の良い味わいに

誉寿司 キッズにはコチラ!

ひまわり 860円。卵、エビ、いくら、サーモン、巻物(取材時は納豆)、マグロと豪華な盛合せ

誉寿司 笑顔が素敵な大将の肥川さん 誉寿司 鯉が泳ぐ池がある和風の店内 誉寿司 県内外からお客が訪れる大分きっての名店

誉寿司

電話/097-558-5708

住所/大分県大分市高城本町7-16

営業時間/11時~23時(LO22時30分)

定休日/第1・2・3水曜※1/1~5予定

アクセス/大分道大分ICより県道21号経由で20分

駐車場/4台

「誉寿司」の詳細はこちら

8.福わ内

ぷりっと分厚いふぐのお寿司に感激!

福わ内ふぐの握り 10貫 2000円。上身8貫と皮2貫。ふぐのお造りと言えば薄いのが定番。でもココでは分厚い!シャリまで全然透けてない!

臼杵のふぐといえば、ふぐの本場・下関で最高値をたたき出すほどの高級魚。そんなふぐのにぎりを10貫2000円で味わえます!

1貫200円で味わえるだけでも感動的ですが、その食感はまさに格別。分厚く贅沢に切られたふぐが、シャリの上にどっしりと乗っかり、存在感満点。

一度は食べておきたいお寿司です!

福わ内 伝法焼き 540円、土瓶蒸し 540円

鰻、ゆりね、エビと豪華な食材入りの伝法焼き(右)。土瓶蒸しには、鱧、エリンギ、エビ、三つ葉入り

福わ内 キッズにはコチラ!

お子様寿司 500円。何とも愛らしい手まり寿司。サーモン、エビ、玉子巻の3種類4貫。ひと口サイズで食べやすい

福わ内 U1階に個室、2階は大広間に。冬は事前に予約した方が◎ 福わ内 臼杵の町並に溶け込むように佇む

福わ内

電話/0972-62-5377

住所/大分県臼杵市福良平清水7

営業時間/10時~14時、17時~21時

定休日/不定、12/31~1/3

アクセス/東九州道臼杵ICより県道33号経由で5分

駐車場/12台

「福わ内」の詳細はこちら

9.新美賀久寿司

天然ものにまけない、津久見産養殖本マグロを寿司で。

新美賀久寿司大トロ1貫540円、中トロ1貫378円、赤身1貫270円(前日まで要予約)。大きく、分厚く切られた津久見産の本まぐろ。大トロは脂が醤油に弾けるほどノリノリ 新美賀久寿司 上寿司 1620円

上でもこの価格!地元ネタを中心に8貫。ネタもシャリも大きくお腹いっぱいに

その昔、保戸島がまぐろ遠洋漁業を行っていたことから、津久見といえばマグロのイメージが定着。現在は津久見湾で本マグロの養殖を行っており、これが天然ものと同等、もしくはそれ以上に美味しいと評判なんです。

こちらのお店でも地元価格でマグロを提供しており、絶品の大トロも540円と、リーズナブルに堪能できます!

新美賀久寿司 茶碗蒸し 540円(事前要予約)、赤出し 324円

鶏肉や銀杏、椎茸などおなじみの具がいっぱいの茶碗蒸し。赤出しは魚の身がたっぷり。どちらもボリューム満点

新美賀久寿司 キッズにはコチラ!

かっぱ巻 540円

鉄火巻き 1080円

海苔の風味が食欲をそそる、かっぱと鉄火。鉄火はまぐろの量が多い

新美賀久寿司 カウンター、お座敷など全50席 新美賀久寿司 下が駐車場、階段上がって2階がお店に

新美賀久寿司

電話/0972-82-2411

住所/大分県津久見市中央町23-5

営業時間/10時~21時

定休日/不定(月3回)

アクセス/東九州道津久見ICよりR217経由で5分

駐車場/5台

「新美賀久寿司」の詳細はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。大分へ旅行した時には、旬のお魚をコスパ抜群のお寿司屋さんで心ゆくまで味わってみてください。

※この記事は2016年1月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

これぞ温泉名人!草津温泉のツウな楽しみ方5選
九州人気温泉地ランク5位!海沿い絶景と巡る!指宿温泉の爽快ドライブコース
【愛知】絶景の夕焼け、泉質自慢、グルメ推し…!日帰り温泉スポット8選

前のページ 1 2 3 4
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy