体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「プログラミングは、何歳から始めるべきか?」 ─遠藤侑介・まつもとゆきひろ・増井雄一郎・鼎談2

プログラミングをする学生が減っている?

──今日はせっかくこの御三方が集ってらっしゃるので、もうちょっとプログラミングの現在みたいな話も聞けたらと。

まつもと:私の友人で、母校の大学で情報科学を教えている人がいるんだけれど、プログラミング経験者の割合は、むしろ下がっているって言っていましたね。

コンピューターサイエンスの学科なはずなのに。その一方で、インターネットのおかげで、興味があるとどんどん進むので、できる子のレベルはどんどん上がっているという。

つまり、すそ野が広がって、でも、プログラミングしている子の割合は減って、できる子との格差はすごく広がっているという状況があるんじゃないか。

僕は若い子向けのプロコンとかの審査員もやっているんですけど、例えば、ちょっと前までU-20のプロコンとかだと、2、3年に1回ぐらい、言語を作ってくる高校生がいました。

遠藤:言語を(笑)?

まつもと:僕が審査員にいるからかどうかわかんないけど。「こんなプログラミング言語作りました」とか言われて、結構その出来がよかったりするんです。

遠藤:ヤバいじゃないですか。

まつもと:ちょっとヤバい感じ。

増井:それ、パラダイム的にはどの辺なんですか。

まつもと:そのときは、オブジェクト指向言語なんだけど、Pythonっぽい文法と、マジでガチのマクロがあるというのを持って来た子がいて。

増井:ええ?私はそんな言語作れないなぁ。

まつもと:で、ガチで作って、その子は後に筑波大行って、僕の後輩になりました。

──そういう、傑出した子もときどき現れるような時代にはなっている?

まつもと:私が高校生のときは、インターネットは当然なかったので、情報を手に入れる方法が、例えば、紙媒体、雑誌とか本しかなかったんですね。

で、私は高校生からプログラミング言語には興味があったんだけど、例えば、本屋さんに行って、プログラミング言語についての本とか見ると、大学の教科書ぐらいしかないわけですよ。

『やさしいコンパイラの作り方』(中西正和著)みたいな本があってですね。で、読んだら全然優しくなくて(笑)。優しいというのはコンパイラの文法が複雑じゃないっていう意味だけで、中身は全然優しくない。

増井:僕も高校のときは、まだインターネットがなかったので、それこそ雑誌を買って、たまに図書館行って、それこそコンパイラの本とか読んでいました。コンパイラ自体は高くてとても買えなかった。

まつもと:それが今だと、開発環境もインターネットでどんどんダウンロードしてこれるし、Windows使っていてもVMwareでLinuxをインストールしてもいいし。

世の中には、もう、6歳ぐらいからプログラム書いていますみたいな子もいる。

増井:あと、人が発見されるのも楽になったと思うんですね。かつては、できる人がいても発見されなかったし、その人が仮に高校生で言語作っても絶対発見されなかったのが、ネットのおかげで発見されるようになったというのが、結構大きいと思いますね。

まつもと:ただ、昔も中島聡(UIEvolution/Founder)さんみたいな、高校時代からアスキーでバイトしていて、「GAME」という名前のBASICの短縮版みたいなやつ作った人もいて、それを雑誌に投稿しているような人もいたけれど。

増井:すごい。

プログラミング言語を作りたいと思うきっかけ

まつもと:そうそう。高校生でも言語作れる。そういうの雑誌で見ているので、僕はだから、プログラミングをやっている人の中で、プログラミング言語を作ろうと思う人は、それなりにいると思っていた。

だけど、蓋開けたら全然いなくてさ。自分がマイノリティであることに気がつくのがだいぶ遅れてしまいました(笑)。

遠藤:言語を作ることにはそんなに前から関心があったんですね。

まつもと:作りたかったんですよ。ただ、作りたいという気持ちだけが先行していて、能力と知識が全く追いついていなかった。

増井:でも、後々追いついたのはすごいですね。

まつもと:大学4年行って、社会人2年やったら、何とか追いついた(笑)。

増井:すばらしい。それにしても今の人って、どうやってプログラム学ぶんだろうとは思いますね。

遠藤:そうなんですよね。いや最近、自分の子どもが2歳になってきて、そろそろプログラミングを……。

まつもと:ちょっと早くない(笑)?

増井:日本語が読み書きできるようになる前に、プログラムができることを目指すみたいな話かな。

まつもと:僕の松江の会社の同僚が、「Rubyプログラミング少年団」というのをやっていて、自分の子どもが小学校中学年ぐらいになったので、自分の子どもに教えたいというのが動機なんだけど。

彼が言うには、子どもたちが最初に引っかかるのが、キーボードが打てない、英語読めないということなんだって。割と多くの子どもたちにとって、英文をタイプしたり覚えたりするのが辛いという。

それで、彼が始めたのが、Scratchみたいに簡単なタイルを並べながら学べるプログラミング言語。そうすると、子どもでもロジックを表現できて、プログラミングが何たるかがわかるというんです。

1 2次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。