ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

グルメ、観光、ショッピング!韓国ソウルのおすすめスポット35

Photo credit: Fei Chen「グルメ、買い物、満喫いっぱいのソウル!旅行★」

Photo credit: Fei Chen「グルメ、買い物、満喫いっぱいのソウル!旅行★」

こんにちは! TRiPORTライターのkomiです。
日本のお隣の国、韓国。おしゃれなショッピングモールもたくさんあるからお買い物もしやすくてチゲやキンパ、焼き肉などなど美味しい韓国グルメもいっぱいですね。今回は韓国の都市ソウルに的を絞って、おすすめ観光スポット、グルメ、ショッピングエリアを一挙にご紹介します!

<観光スポット>

1. 景福宮(キョンボックン)

Photo credit: Aoi Yosiyuki「ソウルの伝統にふれて、新たな韓国の魅力を発見の旅!!」

Photo credit: Aoi Yosiyuki「ソウルの伝統にふれて、新たな韓国の魅力を発見の旅!!」

ソウル中心部、ビルが立ち並ぶ街の中に、堂々とした佇まいで建っているのが景福宮です。1392年〜1910年の朝鮮時代には王の生活の場、王の政務の場として使用されていました。多くの宮殿のなかでも、こちらの景福宮ほど大きな規模を誇るものは他になく、韓国を代表する王宮のひとつです。
名庭園と呼ばれる香遠池(ヒャンウォンジ)と慶会楼(キョンフェル)も朝鮮時代当時のままの姿で残されていて、四季にはそれぞれに違った美しい姿を見ることができます。

景福宮(キョンボックン)
住所:ソウル特別市 鍾路区 世宗路 1-1
電話番号:02-738-9171
営業時間:(1〜2月)9:00〜17:00(3〜5月、9〜10月)9:00〜18:00(6〜8月)9:00〜18:30(11〜2月)9:00〜17:00 ※入場は閉館時間1時間前まで
休業日:火曜日
アクセス:地下鉄3号線「景福宮駅」5番出口すぐ
ホームページ:http://www.royalpalace.go.kr:8080/

2. 明洞(ミョンドン)

Photo credit: Hiromi Yamashita「そうだ、韓国へ行こう! ソウルをゆっくり楽しむひとり旅」

Photo credit: Hiromi Yamashita「そうだ、韓国へ行こう! ソウルをゆっくり楽しむひとり旅」

ソウル最大の繁華街で、日本語が通じやすく観光客が多く訪れます。ファッションやコスメの専門店だけでなく、エステサロンやレストラン、ホテルの施設が充実しています。
夕方からはメインストリートにたくさんの屋台が出現し、楽しい韓国のローカルな雰囲気を楽しむことができます。ソウルは初めてという方におすすめしたいスポットです。

明洞(ミョンドン)
住所:ソウル特別市中区忠武路1街64
アクセス:地下鉄4号線「明洞駅」徒歩約1分

3. N Seoul Tower(Nソウルタワー)

Photo credit: 平井樹美「弾丸韓国ソウル旅行!!!」

Photo credit: 平井樹美「弾丸韓国ソウル旅行!!!」

ソウルのランドマークであるこちらのタワーは、南山(ナムサン)の頂上にあります。1969年にテレビ、ラジオを発信するための韓国初の電波塔として建てられ、約50%の世帯が現在もソウルタワーから電波を受信しています。
1980年に一般公開が始まり、地元の人々の間では有名なデートスポットになりました。デジタル施設やいろいろな種類のレストラン、イベント施設があり人気を集めています。

N Seoul Tower(Nソウルタワー)
住所:ソウル特別市龍山区龍山洞2街山1-3
電話番号:02-3455-9277、9288
営業時間:展望台(月〜金、日)10:00〜23:00 ※最終入場は22:30まで(土)10:00〜24:00 ※最終入場は23:30まで(レストラン、カフェの営業時間は店舗により異なります)
休業日:年中無休
アクセス:地下鉄4号線「明洞駅」3番出口ケーブルカー乗り場まで約15分→終点から徒歩約5分
ホームページ:http://nseoultower.co.kr/

4. 昌徳宮(チャンドックン)

Photo credit: Hiromi Yamashita「そうだ、韓国へ行こう! ソウルをゆっくり楽しむひとり旅」

Photo credit: Hiromi Yamashita「そうだ、韓国へ行こう! ソウルをゆっくり楽しむひとり旅」

14世紀後半から、20世紀まで続いた朝鮮王朝の文化を実際に目にすることができる古宮です。韓国の5大古宮のなかで唯一ユネスコ世界文化遺産に指定されています。
4万3000平方メートルという広大な敷地内には、自然溢れる庭「秘苑」があり、その美しさから韓国伝統庭園の真髄と呼ばれ、人々の心を魅了しています。日常の喧騒から離れて、ゆっくり時間を過ごしたいときにおすすめです。

昌徳宮(チャンドックン)
住所:ソウル特別市鍾路区臥龍洞2-71
電話番号:02-762-8261
営業時間:(2〜5月、9〜10月)9:00〜18:00(6〜8月)9:00〜18:30(11〜1月)9:00〜17:30 ※最終入場は終了時刻1時間前
休館日:月曜日(祝日と重なった場合は開館)
アクセス:地下鉄3号線「安国駅」3番出口から徒歩約5分
ホームページ:http://www.cdg.go.kr/main/main.htm

5. 北村韓屋村(ブッチョンハノクマウル)

Photo credit: tabitabi parsley「2010.4 食い倒れ姉妹が行く もぐもぐソウル」
1 2 3 4 5 6 7次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy