ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コスパ抜群!自家農場や漁協直営など!九州で絶対食べたい激旨グルメ8選

鮮魚の達人 鮮達

食が美味しいといわれる九州。各地にそれぞれ個性を持った、絶品グルメがあります。お肉・お魚、どちらも甲乙つけ互い魅力を誇る九州のグルメスポット。

たくさんの絶品、激ウマグルメの中から本記事では8スポットを厳選してご紹介します。自家農場や漁協直営ならではの素晴らしいコストパフォーマンスも見逃せませんよ!

1.やきにく倶楽部

九州のブランド牛を食べ放題!

やきにく倶楽部 程よい霜降りと赤身のバランスが絶妙。部位は日替りに

和牛まんぞく倶楽部

大人2680円、小学生1340円、4歳~小学生未満500円(時間制限90分)

焼肉の食べ放題がいただけるお店。しかし、普通のお肉じゃないんです。

提供されるのは上質な伊万里牛と超贅沢。食べ放題はコース仕立てになっており、焼きしゃぶ(ロース)や本日のおすすめ牛肉(希少部位)などまさに、夢のような肉パラダイス!九州中からファンが訪れる超人気店ですから、予約をしてから行きましょう!

やきにく倶楽部 九州中からファンが訪れるほどの人気店。必ず予約を

やきにく倶楽部

TEL/0959-32-2757

住所/長崎県西海市西海町木場郷455-1

営業時間/11時~14時30分(LO14時)、18時~22時30分(最終入店21時)、土日祝17時~※1/1は18時~

定休日/木曜、不定、12/31

アクセス/西九州道佐世保大塔ICより30分

駐車場/15台

「やきにく倶楽部」の詳細はこちら

2.錦雲豚専門店ふくとん

グルメ好き必見。からあげの聖地に君臨したブランド豚の専門店。

錦雲豚専門店ふくとん 生パン粉で外サクサク。分厚い肉は柔らかジューシー

錦雲豚ロースとんかつ定食 170g 1500円(昼)、1620円(夜)

鶏天国・中津市に颯爽と現れたこちらのお店。錦雲豚を専門に扱うお店で、とんかつとしゃぶしゃぶをメインでいただけます。ウィンドレス豚舎×精米&焼酎かすをブレンドした飼料で育った錦雲豚は、とにかく甘い脂身が魅力。ピンクのヒマラヤ岩塩で、肉のうまみをかみしめながら。とんかつ定食は1500円程。

錦雲豚専門店ふくとん R10沿い。豊田小学校向い。可愛い豚のマークが目印

錦雲豚専門店ふくとん

TEL/0979-23-2922

住所/大分県中津市島田578-3

営業時間/11時30分~14時、18時~22時(LO21時)※精肉販売は11時~21時

定休日/木曜、12/31~1/4

アクセス/東九州道中津ICより20分

駐車場/15台

「錦雲豚専門店ふくとん」の詳細はこちら

3.神楽亭

豊後牛が驚きの価格でいただける、九州屈指のグルメスポット。

神楽亭 お肉は軽く2人前くらいありそう。ご飯、サラダ、みそ汁、漬物付き

豊後牛焼肉定食 1680円

焼肉定食を注文したのに「え、これってステーキ?」と見間違うほど。肉厚なお肉とそのボリュームに思わず言葉を失います。豊後牛のカルビは美しいサシが入っており、それに寄り添うように盛られている黒毛和牛内臓各種とホルモン。

豪華すぎるこの内容で1000円台というコストパフォーマンス。もう、行くしかありません。

神楽亭 道の駅にあり、平日は地元の会社員、休日は家族連れで賑わう

神楽亭

TEL/0974-35-2903

住所/大分県豊後大野市清川町砂田1567-1

営業時間/11時~15時(LO14時)、土日祝は11時~16時(LO15時)

定休日/不定

アクセス/東九州道大分米良ICより50分

駐車場/84台

4.黒豚の館

黒豚のパンチ力、肉汁の甘みを存分に楽しめるグルメスポット。

産直レストラン 黒豚の館 しゃぶしゃぶ肉の重ね揚げは柔らかい食感。ご飯、豚汁付き

黒豚しゃぶかつ定食 1500円

大自然霧島で育つかごしま黒豚は、白身(脂身)の融点が低く、口の中でとろけたと思ったらほのかな甘みを余韻として残して消えていく・・。一方の赤みは艶やかなピンク色をしており、弾力は抜群。

そんな極上の黒豚をしゃぶしゃぶ&とんかつでいただけます。産直レストランならではの高品質&高コストパフォーマンス。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy